ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

製品概要|ボノピオン®パック

【禁忌】(次の患者には投与しないこと)

(1)タケキャブ、アモリン及びフラジールの成分に対する過敏症の既住歴のある患者

(2)アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患者(「相互作用」の項参照)

(3)伝染性単核症のある患者[アモキシシリン水和物で紅斑性丘疹の発現 頻度が高いとの報告がある]

(4)高度の腎障害のある患者[アモキシシリン水和物の血中濃度が上昇することがあり、本製品では各製剤の
投与量を調節できないため、本製品の使用を避けること。]

(5)脳、脊髄に器質的疾患のある患者(脳膿瘍の患者を除く)[メトロニダゾールで中枢神経系症状が
あらわれることがある。]

(6)妊娠3ヵ月以内の婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

【原則禁忌】(次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること)
ペニシリン系抗生物質に対する過敏症の既住歴のある患者
ボノピオンパックは、カリウムイオン競合型アシッドブロッカーである 新しいカテゴリーのPPI「タケキャブ錠」を含むヘリコバクター・ピロリ二次除菌※療法のためのパック製剤です。
※プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合

ボノピオンパック

タケキャブ:1錠、アモリン:3カプセル、フラジール:1錠写真拡大

組み合わせ製剤の特徴 1~9の特徴にマウスオーバーすると、組み合わせ製剤写真のどの箇所かわかります。
  • 「1日服用分の薬剤を1シートにまとめた組み合わせ製剤」です。
  • 服用予定日が記入できます。
  • 処方箋への記載が簡便です。処方に際し、3種類の薬剤名及びそれぞれの用量を記載する必要がありません。
  • シートを半分に切り離しても、商品名がわかります。
  • 朝服用分と夜服用分をわかりやすく明記しています。
  • 持ち運びが便利なよう、切り離しのための点線を印字しています。
  • 正しく服用いただけるように用法を明記しています。
  • 1回分を分けて取り出すことが可能です。
  • 7日間連続服用が大切なため明記しています。