サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

エンタイビオ点滴静注用300mg ヒト化抗ヒトα4β7インテグリンモノクローナル抗体製剤

ベドリズマブ(遺伝子組換え)

  • エンタイビオ点滴静注用300mg 注射剤 注射剤

【効果・効能】

中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)

【用法・用量】

通常、成人にはベドリズマブ(遺伝子組換え)として1回300㎎を点滴静注する。初回投与後、2週、6週に投与し、以降8週間隔で点滴静注する。

よくあるQ&Aをご紹介します。

  • Q1. エンタイビオ点滴静注用300mgの作用機序についてお教えください。 回答はこちら
  • Q2. エンタイビオ点滴静注用300mgを投与するにあたって考慮すべき条件はありますか? 回答はこちら
  • Q3. エンタイビオ点滴静注用300mgの溶解後の安定性について教えてください。 回答はこちら
  • Q4. エンタイビオ点滴静注用300mgでは日本人を対象として有効性と安全性を検証した臨 回答はこちら
  • Q5. エンタイビオ点滴静注用300mgを投与中にワクチンは接種できますか? 回答はこちら

お知らせ一覧

関連情報