サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

製品概要|アドセトリス点滴静注用50mg

アドセトリス点滴静注用50mg

成人:CD30陽性 ホジキンリンパ腫(HL) 臨床成績

成人:CD30陽性 末梢性T細胞リンパ腫(PTCL) 臨床成績

小児:再発又は難治性のCD30陽性 HL又はsALCL 臨床成績

  • 再発又は難治性の
    CD30陽性の
    HL又はsALCL

    MOVIE

リンパ腫ノート

更新情報

2020年9月1日
臨床成績「海外第Ⅱ相試験:SG035-0003試験」、「海外第Ⅱ相試験:SG035-0004試験」を掲載
2020年8月19日
臨床成績「海外第Ⅲ相試験:AETHERA試験」を掲載
2020年8月11日
臨床成績「国際共同第Ⅲ相試験:ECHELON-1試験(約3年追跡調査結果)」、「国際共同第Ⅲ相試験:ECHELON-2試験」を掲載
2020年7月27日
「進行期古典的ホジキンリンパ腫のフロントライン治療においてABVD療法を対照として、アドセトリス+AVD療法の有効性・安全性を評価した国際共同第Ⅲ相試験(検証試験)、ECHELON-1の3年追跡調査」動画を配信
2020年7月27日
「アドセリスによる好中球減少症及び発熱性好中球減少症の発現状況とマネジメント〜ECHELON-1試験を中心に〜」動画を配信
2019年12月20日
アドセトリス点滴静注50mg「効能又は効果」「用法及び用量」一部変更のお知らせ
2018年9月21日
アドセトリス点滴静注50mg「効能・効果」「用法・用量」追加承認取得のご案内
1. 警 告

1.1 本剤を投与する場合は、緊急時に十分対応できる医療施設において、造血器悪性腫瘍の治療に対して十分な知識と経験を持つ医師のもとで、本剤が適切と判断される症例についてのみ投与すること。また、治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与すること。

1.2 外国で実施された臨床試験において、中等度及び重度の肝機能障害を有する患者に対して本剤を投与後に真菌感染症により死亡に至った例が報告されていることから、これらの患者への投与の可否を慎重に判断すること。[9.3、16.6.2参照]

2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)

2.1 本剤の成分に対し重度の過敏症の既往歴のある患者

2.2 ブレオマイシン塩酸塩を投与中の患者[10.1参照]

禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。
アドセトリスに関する「医薬品リスク管理計画書