サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

製品概要|トリンテリックス錠10mg・20mg

PICK UP

おすすめの講演会

2022年10月4日(火) 12:30~13:40

トリンテリックス全国web講演会

演題:トリンテリックスの登場でうつ病治療の何が変わったか?

演者:医療法人ひまわり もりおか心のクリニック 院長 上田 均 先生

第1回12:30-13:00

第2回13:10-13:40

うつ病におけるエモーショナルブランティングとトリンテリックスの臨床成績 Webパンフレットうつ病におけるエモーショナルブランティングとトリンテリックスの臨床成績

最近注目の「うつ病のエモーショナルブランティング」とトリンテリックスの臨床試験(COMPLETE試験・国内第Ⅲ相試験)についてご紹介します。

真のリカバリーを目指したうつ病治療の重要性とエモーショナルブランディング 動画真のリカバリーを目指したうつ病治療の重要性とエモーショナルブランディング

うつ病の真のリカバリーを目指す上では、最近海外で注目されている「エモーショナルブランティング」への着目が重要であることについてご紹介します。

コンテンツ一覧

動画ライブラリー

リカバリーを目指したうつ病治療とトリンテリックスの臨床成績 臨床成績真のリカバリーを目指したうつ病治療の重要性とエモーショナルブランディング

うつ病の真のリカバリーを目指す上では、最近海外で注目されている「エモーショナルブランティング」への着目が重要であることについてご紹介します。

トリンテリックス錠の臨床成績(11492A試験・CCT-004試験) 臨床成績トリンテリックス錠の臨床成績(11492A試験・CCT-004試験)

トリンテリックス錠の海外第Ⅱ相試験である11492A試験と国内第Ⅲ相検証試験であるCCT-004試験をご紹介します。11492A試験ではうつ病の症状としてよくみられる「不安症状」を評価する指標であるHAM-Aの変化も検討しています。

トリンテリックス錠ーその新しい作用機序(神経伝達物質編) 作用機序トリンテリックス錠ーその新しい作用機序(神経伝達物質編)

トリンテリックス錠の作用機序に関して、詳しくご紹介します。

2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)

2.1
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.2
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩及びサフィナミドメシル酸塩)を投与中又は投与中止後14日間以内の患者[10.1、11.1.1参照]

本剤の効能又は効果、用法及び用量、禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。

Last Update:2022.03