サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

タケキャブ錠10mg・20mg カリウムイオン競合型アシッドブロッカー―プロトンポンプインヒビター―

ボノプラザンフマル酸塩錠

  • タケキャブ錠10mg・20mg 2錠写真(H10T) 2錠写真(H10T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 剤形写真 剤形写真
  • タケキャブ錠10mg・20mg 包装形状(H10T) 包装形状(H10T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 包装形状(H14T) 包装形状(H14T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 2錠写真(H14T) 2錠写真(H14T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 瓶(500T) 瓶(500T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 2錠写真(H10T) 2錠写真(H10T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 剤形写真 剤形写真
  • タケキャブ錠10mg・20mg 包装形状(H10T) 包装形状(H10T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 包装形状(H14T) 包装形状(H14T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 2錠写真(H14T) 2錠写真(H14T)
  • タケキャブ錠10mg・20mg 瓶(500T) 瓶(500T)

【効果・効能】

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、低用量アスピリン投与 時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、非ステロイド 性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
○下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減 少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバク ター・ピロリ感染胃炎

【用法・用量】

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍の場合 通常、成人にはボノプラザンとして1回20mgを1日1回経口投与 する。なお、通常、胃潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6 週間までの投与とする。
○逆流性食道炎の場合 通常、成人にはボノプラザンとして1回20mgを1日1回経口投与 する。なお、通常4週間までの投与とし、効果不十分の場合は8 週間まで投与することができる。 さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10mgを1日1回経口投与するが、効果不十分の場合は、 1回20mgを1日1回経口投与することができる。


タケダLIVEインフォメーション

よくあるQ&Aをご紹介します。

  • Q1. 腎機能障害のある患者さんへのタケキャブ錠の投与について教えてください。 回答はこちら
  • Q2. 肝機能障害のある患者さんへのタケキャブ錠の投与について教えてください。 回答はこちら
  • Q3. 一次除菌治療(タケキャブ錠を含むレジメン)の除菌成功率は? 回答はこちら
  • Q4. タケキャブ錠は食事の影響は受けますか?(服用タイミング、服用間隔について教えて… 回答はこちら
  • Q5. 既存のPPIとタケキャブ錠の違いについて教えてください。 回答はこちら

お知らせ一覧

関連情報