サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

レベスティブ皮下注用3.8mg GLP-2アナログ製剤

テデュグルチド(遺伝子組換え)

  • レベスティブ皮下注用3.8mg 1set 1set
  • レベスティブ皮下注用3.8mg 7set 7set
  • レベスティブ皮下注用3.8mg 注射剤 注射剤
  • レベスティブ皮下注用3.8mg 包装 包装
  • レベスティブ皮下注用3.8mg 包装(1セット) 包装(1セット)
  • レベスティブ皮下注用3.8mg 1セット 1セット

【効果・効能】

短腸症候群

【用法・用量】

通常、テデュグルチド(遺伝子組換え)として1日1回0.05mg/kgを皮下注射する。

よくあるQ&Aをご紹介します。

  • Q1. レベスティブ皮下注用3.8mgの投与期間中、予防接種(インフルエンザ・コロナ… 回答はこちら
  • Q2. 腎機能障害のある患者さんへのレベスティブ皮下注用3.8mgの投与について教えて… 回答はこちら
  • Q3. 肝機能障害のある患者さんへのレベスティブ皮下注用3.8mgの投与について教えて… 回答はこちら
  • Q4. レベスティブ皮下注用3.8mgを投与時に薬液が漏れてしまった場合について教えて… 回答はこちら
  • Q5. レベスティブ皮下注用3.8mgの投与部位に痒みや、腫れが出た場合の対処法を教え… 回答はこちら

お知らせ一覧

関連情報