サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

講演会詳細情報

この講演会の視聴を申し込む場合は下記「視聴を申し込む」ボタンを押してログインもしくは会員登録を行って下さい。
会員登録後、自動で講演会は申し込まれます。

Web講演会 消化器 全会員向け

演題:GERD 診療を再考する 特に軽症 GERD について
演題:実例から学ぶ!ERCP 関連手技困難例の対処法『胆道』
演題:実例から学ぶ!ERCP 関連手技困難例の対処法『 膵 』

日時
2023年 3月3日(金) 18:30~20:30
講演内容
座長:手稲渓仁会病院 教育研究センター 顧問 亀田総合病院 消化器内科 顧問 真口 宏介 先生
演者:住友病院 消化器内科 診療部長 近藤 隆 先生
演者:兵庫医科大学 消化器内科 肝胆膵内科 准教授 塩見 英之 先生
演者:亀田総合病院 消化器内科 部長 中路 聡 先生
内容:今回は、前半のSession1において上部消化管領域に関する話題、後半のSession2において胆膵領域に関する話題の2部構成としております。Session1は、住友病院の近藤先生よりGERD診療ガイドライン2021を含めて逆流性食道炎の診断と治療ならびにボノプラザンの位置づけについてご講演を頂く予定です。
Session2においては、「ERCP関連手技困難例の対処法」を取り上げました。困難な状況としては、挿管、狭窄突破、結石把持・破砕、stent留置等あらゆる場面で遭遇することがあります。これらの困難時にどのように対処すべきかは永遠のテーマと言えます。
今回は、困難時の対処法について実例を通してご講演頂く企画とし、お二人のエキスパートをお招きしました。兵庫医科大学の塩見先生には、胆道領域、亀田総合病院の中路先生には膵領域をご担当頂きます。ERCPを実施している施設の先生方、特に若手の先生方にはこの機会を逃さず、お二人のご講演から多くを学んで頂きたいと思います。ご期待下さい。
未会員様
受付終了
2023/3/3 18:00
会員様
受付終了
講演会開始後も「視聴申し込み」可能です
  • Web講演会の視聴には会員登録が必要です。会員登録完了までに数日を要する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 本講演会視聴状況は先生を担当する弊社MRにフィードバックされ、情報提供やサービスのお知らせのために活用させていただく場合がございます。

講演会一覧に戻る