サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

講演会情報これから開催予定のWeb講演会情報をご紹介します。

  • 視聴申込は講演開始30分前までにお済ませいただくようよろしくお願いします。

条件から講演会の絞込みができます(複数選択可)。

領域

  • 全て
  • 循環器
  • 代謝・内分泌
  • 消化器
  • 中枢
  • 骨・関節
  • オンコロジー
  • ワクチン

絞り込み件数

999

7月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

18:30~19:00

包括的アプローチで高血圧に挑む~レベル・リズム・変動へ~

包括的アプローチで高血圧に挑む~レベル・リズム・変動へ~

日時:
2018年 7月24日(火) 18:30~19:00

講演内容:

演者:遠賀中間医師会おんが病院 循環器内科 部長 吉田 哲郎 先生
内容:近年高血圧治療はガイドラインの普及に伴い診断方法・治療は進歩しているが、依然降圧コントロール不十分である高血圧患者は多い。また高血圧を有するが病院へ受診されていない未介入の高血圧患者も多いことが現状であり、このような“パ...

・受付終了:
2018/7/24 18:00
25

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

12:30~13:00

高血圧治療の啓発と減塩指導のコツ~医師の取り組みが住民と患者さんを変える~

高血圧治療の啓発と減塩指導のコツ~医師の取り組みが住民と患者さんを変える~

日時:
2018年 7月25日(水) 12:30~13:00

講演内容:

演者:日本高血圧学会 減塩委員会 委員長 社会医療法人 製鉄記念八幡病院 病院長 土橋 卓也 先生
内容:日本は世界トップクラスの長寿国であるが「平均寿命」と「健康寿命」の間には約10年の開きがある。健康寿命延伸の主な阻害要因の一つに様々なイベントを引き起こす「高血圧」がある。患者さんの「最後...

・受付終了:
2018/7/25 12:00

詳細・視聴申込へ

19:00~20:30

演題①:心電図も、心エコーも、身体診察も学びたい貪欲な先生達のために大切なこと
演題②:それで大丈夫?身近な救急の落とし穴

演題①:心電図も、心エコーも、身体診察も学びたい貪欲な先生達のために大切なこと
演題②:それで大丈夫?身近な救急の落とし穴

日時:
2018年 7月25日(水) 19:00~20:30

講演内容:

演者①:聖路加国際病院 循環器内科 水野 篤 先生
演者②:国際医療福祉大学 三田病院 救急部 部長 志賀 隆 先生

・受付終了:
2018/7/25 18:30

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

19:00~20:00

演題①:末梢性T細胞リンパ腫の病理診断
演題②:末梢性T細胞リンパ腫の治療

演題①:末梢性T細胞リンパ腫の病理診断
演題②:末梢性T細胞リンパ腫の治療

日時:
2018年 7月25日(水) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:東海大学医学部 基盤診療学系病理診断学 教授 中村 直哉 先生
演者②:九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科 講師 加藤 光次 先生

・受付終了:
2018/7/25 18:30

詳細・視聴申込へ

  • ワクチン ワクチン

ワクチン

19:30~20:10

インフルエンザワクチンの有効性・安全性の考え方―母親への接種を中心に―

インフルエンザワクチンの有効性・安全性の考え方―母親への接種を中心に―

日時:
2018年 7月25日(水) 19:30~20:10

講演内容:

演者:大阪市立大学大学院 医学研究科 公衆衛生学 准教授 大藤さとこ 先生
内容:インフルエンザワクチンの有効性・安全性の考え方―母親への接種を中心に―妊婦さんに対してインフルエンザワクチンを接種していますか?妊婦さんへの接種は、自身がインフルエンザに罹らないためにも、生まれてくる子どもをイン...

・受付終了:
2018/7/25 19:00
26

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~19:40

心血管イベント抑制のためのω3脂肪酸の役割

心血管イベント抑制のためのω3脂肪酸の役割

日時:
2018年 7月26日(木) 19:00~19:40

講演内容:

演者:福岡輝栄会病院 副院長 心臓血管センター長 大塚 頼隆 先生
内容:心筋梗塞や狭心症に代表される虚血性心疾患は、動脈硬化を基盤とした疾患である。我が国でも食の欧米化に伴う脂肪摂取量の増加は、虚血性心疾患の発症および再発に大きく影響している。抗血小板剤、ACE阻害薬・ARB、スタチンなどの...

・受付終了:
2018/7/26 18:30
27

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

13:30~14:10

GERD治療 up to date~ボノプラザンの位置づけを考える~

GERD治療 up to date~ボノプラザンの位置づけを考える~

日時:
2018年 7月27日(金) 13:30~14:10

講演内容:

演者:東北大学病院 消化器内科 准教授 消化器内視鏡センター センター長 小池智幸 先生
内容:H.pyloriの感染率の低下や食生活の欧米化などに伴い、日本人においても胃食道逆流症(GERD)が増加しています。日本消化器病学会編集「GERD診療ガイドライン2015」では「GERD患者の長期管...

・受付終了:
2018/7/27 13:00
28
29
30

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

12:30~13:00

高血圧治療ガイドライン改訂に向けたエビデンス

高血圧治療ガイドライン改訂に向けたエビデンス

日時:
2018年 7月30日(月) 12:30~13:00

講演内容:

演者:自治医科大学 内科学講座 循環器内科学部門 准教授 星出 聡 先生
内容:昨年、米国の高血圧ガイドラインが改訂されました。従来のガイドラインと比べてThe lower, the betterとなったこと、診察室外血圧測定の重要性が強調されたことが大きく異なる点かと思います。8月末には、ヨ...

・受付終了:
2018/7/30 12:00
31
1

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

12:20~13:00

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

日時:
2018年 8月1日(水) 12:20~13:00

講演内容:

演者:佐々木 裕 先生 東京慈恵会医科大学 泌尿器科 講師

・受付終了:
2018/8/1 11:50

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

12:30~13:45

ボノプラザンの登場によって変わりゆくGERD診療

ボノプラザンの登場によって変わりゆくGERD診療

日時:
2018年 8月1日(水) 12:30~13:45

講演内容:

演者:独立行政法人国立病院機構函館病院 病院長 加藤元嗣 先生
内容:2016年に改訂されたローマIVでは機能性食道障害を逆流性食道炎、NERD、逆流過敏症、機能性胸やけの4つに分類したが、その鑑別には多チャンネルインピーダンス検査が必要である。また、それぞれの病態に合わせた治療が必要となる。...

・受付終了:
2018/8/1 12:00

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

17:00~19:10

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

日時:
2018年 8月1日(水) 17:00~19:10

講演内容:

演者:佐々木 裕 先生 東京慈恵会医科大学 泌尿器科 講師

・受付終了:
2018/8/1 16:30
2

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

12:30~13:15

パーキンソン病治療におけるMAOB阻害薬の役割を考える-アジレクトへの期待-

パーキンソン病治療におけるMAOB阻害薬の役割を考える-アジレクトへの期待-

日時:
2018年 8月2日(木) 12:30~13:15

講演内容:

演者:公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 神経内科 副部長 斎木 英資 先生

・受付終了:
2018/8/2 12:00

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~20:00

演題①:遺伝子研究・臨床研究から考察するスタチン残余リスクにおける高中性脂肪血症治療の意義
演題②:Patient Reported Outcome 蓄積のための新たなプラットフォーム構築

演題①:遺伝子研究・臨床研究から考察するスタチン残余リスクにおける高中性脂肪血症治療の意義
演題②:Patient Reported Outcome 蓄積のための新たなプラットフォーム構築

日時:
2018年 8月2日(木) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:金沢大学附属病院 救急部・循環器内科 助教 金沢大学大学院 先進予防医学研究科 循環予防医学 助教 多田 隼人 先生
演者②:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 専任講師 林田 哲 先生

・受付終了:
2018/8/2 18:30

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~20:00

潰瘍性大腸炎治療の新たな一手

潰瘍性大腸炎治療の新たな一手

日時:
2018年 8月2日(木) 19:00~20:00

講演内容:

座長:東京医科歯科大学消化器内科 教授 渡辺 守先生
演者:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療(IBD)センター長 日比 紀文先生

・受付終了:
2018/8/2 18:30
3

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

19:00~19:50

認知症の早期発見・対応と薬物治療~前橋市における認知症初期集中支援チームの取り組みも含めて~

認知症の早期発見・対応と薬物治療~前橋市における認知症初期集中支援チームの取り組みも含めて~

日時:
2018年 8月3日(金) 19:00~19:50

講演内容:

演者:公益財団法人 老年病研究所附属病院 副院長 甘利 雅邦 先生
内容:我が国の認知症人口が予想以上に増えていくことへの対策として、厚労省はオレンジプラン、ついで新オレンジプランを作成。それに伴い平成25年度から認知症初期集中支援チームの設置促進モデル事業が始まりました。前橋市では、認知症疾...

・受付終了:
2018/8/3 18:30
4
29
30

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

12:30~13:00

高血圧治療ガイドライン改訂に向けたエビデンス

高血圧治療ガイドライン改訂に向けたエビデンス

日時:
2018年 7月30日(月) 12:30~13:00

講演内容:

演者:自治医科大学 内科学講座 循環器内科学部門 准教授 星出 聡 先生
内容:昨年、米国の高血圧ガイドラインが改訂されました。従来のガイドラインと比べてThe lower, the betterとなったこと、診察室外血圧測定の重要性が強調されたことが大きく異なる点かと思います。8月末には、ヨ...

・受付終了:
2018/7/30 12:00
31
1

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

12:20~13:00

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

日時:
2018年 8月1日(水) 12:20~13:00

講演内容:

演者:佐々木 裕 先生 東京慈恵会医科大学 泌尿器科 講師

・受付終了:
2018/8/1 11:50

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

12:30~13:45

ボノプラザンの登場によって変わりゆくGERD診療

ボノプラザンの登場によって変わりゆくGERD診療

日時:
2018年 8月1日(水) 12:30~13:45

講演内容:

演者:独立行政法人国立病院機構函館病院 病院長 加藤元嗣 先生
内容:2016年に改訂されたローマIVでは機能性食道障害を逆流性食道炎、NERD、逆流過敏症、機能性胸やけの4つに分類したが、その鑑別には多チャンネルインピーダンス検査が必要である。また、それぞれの病態に合わせた治療が必要となる。...

・受付終了:
2018/8/1 12:00

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

17:00~19:10

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

医療経済学的視点と患者ニーズからリュープリン6ヶ月製剤の意義を考える

日時:
2018年 8月1日(水) 17:00~19:10

講演内容:

演者:佐々木 裕 先生 東京慈恵会医科大学 泌尿器科 講師

・受付終了:
2018/8/1 16:30
2

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

12:30~13:15

パーキンソン病治療におけるMAOB阻害薬の役割を考える-アジレクトへの期待-

パーキンソン病治療におけるMAOB阻害薬の役割を考える-アジレクトへの期待-

日時:
2018年 8月2日(木) 12:30~13:15

講演内容:

演者:公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 神経内科 副部長 斎木 英資 先生

・受付終了:
2018/8/2 12:00

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~20:00

演題①:遺伝子研究・臨床研究から考察するスタチン残余リスクにおける高中性脂肪血症治療の意義
演題②:Patient Reported Outcome 蓄積のための新たなプラットフォーム構築

演題①:遺伝子研究・臨床研究から考察するスタチン残余リスクにおける高中性脂肪血症治療の意義
演題②:Patient Reported Outcome 蓄積のための新たなプラットフォーム構築

日時:
2018年 8月2日(木) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:金沢大学附属病院 救急部・循環器内科 助教 金沢大学大学院 先進予防医学研究科 循環予防医学 助教 多田 隼人 先生
演者②:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 専任講師 林田 哲 先生

・受付終了:
2018/8/2 18:30

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~20:00

潰瘍性大腸炎治療の新たな一手

潰瘍性大腸炎治療の新たな一手

日時:
2018年 8月2日(木) 19:00~20:00

講演内容:

座長:東京医科歯科大学消化器内科 教授 渡辺 守先生
演者:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療(IBD)センター長 日比 紀文先生

・受付終了:
2018/8/2 18:30
3

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

19:00~19:50

認知症の早期発見・対応と薬物治療~前橋市における認知症初期集中支援チームの取り組みも含めて~

認知症の早期発見・対応と薬物治療~前橋市における認知症初期集中支援チームの取り組みも含めて~

日時:
2018年 8月3日(金) 19:00~19:50

講演内容:

演者:公益財団法人 老年病研究所附属病院 副院長 甘利 雅邦 先生
内容:我が国の認知症人口が予想以上に増えていくことへの対策として、厚労省はオレンジプラン、ついで新オレンジプランを作成。それに伴い平成25年度から認知症初期集中支援チームの設置促進モデル事業が始まりました。前橋市では、認知症疾...

・受付終了:
2018/8/3 18:30
4
5
7
8

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

19:00~20:00

演題①:がん治療を成功に導くニューロパチーのマネジメント
演題②:再発難治性ホジキンリンパ腫のASCT地固めにおけるBrentuximab Vedotinの意義(仮)

演題①:がん治療を成功に導くニューロパチーのマネジメント
演題②:再発難治性ホジキンリンパ腫のASCT地固めにおけるBrentuximab Vedotinの意義(仮)

日時:
2018年 8月8日(水) 19:00~20:00

講演内容:

座長①:丸山 大 先生(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 病棟医長)
演者①:三澤 園子 先生(千葉大学大学院医学研究院 神経内科学 准教授)
座長②:三澤 園子 先生(千葉大学大学院医学研究院 神経内科学 准教授)
演者②:丸山 大 先生(国立がん研究センター中央病院 血...

・受付終了:
2018/8/8 18:30

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~19:40

心血管イベント抑制のためのω3脂肪酸の役割

心血管イベント抑制のためのω3脂肪酸の役割

日時:
2018年 8月8日(水) 19:00~19:40

講演内容:

演者:福岡輝栄会病院 副院長 心臓血管センター長 大塚 頼隆 先生
内容:心筋梗塞や狭心症に代表される虚血性心疾患は、動脈硬化を基盤とした疾患である。我が国でも食の欧米化に伴う脂肪摂取量の増加は、虚血性心疾患の発症および再発に大きく影響している。抗血小板剤、ACE阻害薬・ARB、スタチンなどの...

・受付終了:
2018/8/8 18:30
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
22

詳細・視聴申込へ

  • オンコロジー オンコロジー

オンコロジー

19:00~20:00

演題①:大腸癌診断補助検査薬「RASKET-Bキット」について
演題②:BRAF変異型大腸がん治療における3つのポイント

演題①:大腸癌診断補助検査薬「RASKET-Bキット」について
演題②:BRAF変異型大腸がん治療における3つのポイント

日時:
2018年 8月22日(水) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:株式会社 医学生物学研究所 学術部 武安 岳史さん
座長②:国立がん研究センター東病院 消化管内科長 吉野 孝之先生
演者②:国立がん研究センター東病院 消化管内科 谷口 浩也 先生

・受付終了:
2018/8/22 18:30

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

19:00~20:00

演題①:パーキンソン病診療ガイドライン2018とMAO-B阻害薬の位置付け
演題②:幻覚・妄想の治療はどうするか?パーキンソン病診療ガイドライン2018第5章非運動症状の治療Q and A 5-10

演題①:パーキンソン病診療ガイドライン2018とMAO-B阻害薬の位置付け
演題②:幻覚・妄想の治療はどうするか?パーキンソン病診療ガイドライン2018第5章非運動症状の治療Q and A 5-10

日時:
2018年 8月22日(水) 19:00~20:00

講演内容:

演者:国立病院機構 仙台西多賀病院 院長 武田 篤 先生

・受付終了:
2018/8/22 18:30
23

詳細・視聴申込へ

  • 代謝・内分泌 代謝・内分泌

代謝・内分泌

13:00~13:30

糖尿病治療の次の一手~CGMから考えるDPP-4阻害薬とメトホルミン併用の意義~

糖尿病治療の次の一手~CGMから考えるDPP-4阻害薬とメトホルミン併用の意義~

日時:
2018年 8月23日(木) 13:00~13:30

講演内容:

演者:森 豊 先生 東京慈恵会医科大学 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 診療部長
内容:現在、経口血糖降下薬は7系統が使用されており、その作用機序から「インスリン抵抗性改善系(BG薬、TZD薬)」「インスリン分泌促進系(SU薬...

・受付終了:
2018/8/23 12:30
24
25
26
28

詳細・視聴申込へ

  • 代謝・内分泌 代謝・内分泌

代謝・内分泌

13:00~13:30

消化管薬理学から考える糖尿病治療の新たな理解(案)

消化管薬理学から考える糖尿病治療の新たな理解(案)

日時:
2018年 8月28日(火) 13:00~13:30

講演内容:

演者:中里 雅光 先生 宮崎大学医学部内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野 教授

・受付終了:
2018/8/28 12:30

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~20:00

演題①:冠動脈疾患治療におけるFFR-CTの役割と可能性
演題②:冠動脈形成術後における潰瘍再発抑制を見据えた戦略的抗血栓療法

演題①:冠動脈疾患治療におけるFFR-CTの役割と可能性
演題②:冠動脈形成術後における潰瘍再発抑制を見据えた戦略的抗血栓療法

日時:
2018年 8月28日(火) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:新古賀病院 副院長 心臓血管センター センター長 川﨑友裕 先生
演者②:済生会熊本病院 心臓血管センター・循環器内科 部長 坂本知浩 先生

・受付終了:
2018/8/28 18:30
30
31

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~19:40

高血圧の方が行うべき生活習慣の修正~特に運動に関して~

高血圧の方が行うべき生活習慣の修正~特に運動に関して~

日時:
2018年 8月31日(金) 19:00~19:40

講演内容:

演者:福岡大学筑紫病院 循環器内科 教授浦田 秀則 先生
内容:高血圧症例は約4300万人と推定され国民病である。高血圧は無症状で自覚できないので、管理不良状態を引き起こしやすい。降圧薬治療下症例でも、血圧管理の良い人はわずかに20%と推定されている。高食塩・高カロリー摂取・運動不足・喫煙・睡...

・受付終了:
2018/8/31 18:30
1
26
28

詳細・視聴申込へ

  • 代謝・内分泌 代謝・内分泌

代謝・内分泌

13:00~13:30

消化管薬理学から考える糖尿病治療の新たな理解(案)

消化管薬理学から考える糖尿病治療の新たな理解(案)

日時:
2018年 8月28日(火) 13:00~13:30

講演内容:

演者:中里 雅光 先生 宮崎大学医学部内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野 教授

・受付終了:
2018/8/28 12:30

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~20:00

演題①:冠動脈疾患治療におけるFFR-CTの役割と可能性
演題②:冠動脈形成術後における潰瘍再発抑制を見据えた戦略的抗血栓療法

演題①:冠動脈疾患治療におけるFFR-CTの役割と可能性
演題②:冠動脈形成術後における潰瘍再発抑制を見据えた戦略的抗血栓療法

日時:
2018年 8月28日(火) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:新古賀病院 副院長 心臓血管センター センター長 川﨑友裕 先生
演者②:済生会熊本病院 心臓血管センター・循環器内科 部長 坂本知浩 先生

・受付終了:
2018/8/28 18:30
30
31

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~19:40

高血圧の方が行うべき生活習慣の修正~特に運動に関して~

高血圧の方が行うべき生活習慣の修正~特に運動に関して~

日時:
2018年 8月31日(金) 19:00~19:40

講演内容:

演者:福岡大学筑紫病院 循環器内科 教授浦田 秀則 先生
内容:高血圧症例は約4300万人と推定され国民病である。高血圧は無症状で自覚できないので、管理不良状態を引き起こしやすい。降圧薬治療下症例でも、血圧管理の良い人はわずかに20%と推定されている。高食塩・高カロリー摂取・運動不足・喫煙・睡...

・受付終了:
2018/8/31 18:30
1
2
3
5

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

13:00~13:40

高脂血症治療と心血管イベント抑制の取り組み~ω3脂肪酸を使用した日常診療について~

高脂血症治療と心血管イベント抑制の取り組み~ω3脂肪酸を使用した日常診療について~

日時:
2018年 9月5日(水) 13:00~13:40

講演内容:

演者:愛し野内科クリニック 院長 岡本 卓 先生
内容:TGと心血管イベントの関係について、いくつかの研究が行われている。その結果からTGと心血管イベントには相関があることがわかってきた。しかし、なぜTGが高いと心血管イベントが増加するのか、どのような因子が引き金になっているのか、まだまだ解明...

・受付終了:
2018/9/5 12:30
6

詳細・視聴申込へ

  • 代謝・内分泌 代謝・内分泌

代謝・内分泌

19:00~19:40

超高齢化時代の糖尿病治療アルゴリズム

超高齢化時代の糖尿病治療アルゴリズム

日時:
2018年 9月6日(木) 19:00~19:40

講演内容:

演者:犬飼 浩一 先生 東大和病院 糖尿病センター長・副院長
内容:日本の糖尿病診療ガイドラインに、薬物療法に関するガイドラインは、ほぼ存在せず、いろいろな治療法の並列列記に留まる。これは、欧米諸国と違って、患者背景が異なる糖尿病患者がいること、また、グローバルにもpatient center...

・受付終了:
2018/9/6 18:30
7

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

12:10~13:20

家庭用血圧計大国が可能とする質の高い降圧治療~大迫研究・HOMED-BP研究の成果を踏まえて~

家庭用血圧計大国が可能とする質の高い降圧治療~大迫研究・HOMED-BP研究の成果を踏まえて~

日時:
2018年 9月7日(金) 12:10~13:20

講演内容:

演者:帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 主任教授 大久保 孝義 先生
内容:日本は4千万台の家庭血圧計が普及している「家庭用血圧計大国」である。結果として、家庭血圧に関するエビデンスもわが国から多く発信され、JSH2014では世界に先駆け、「診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭...

・受付終了:
2018/9/7 11:40

詳細・視聴申込へ

  • 中枢 中枢

中枢

19:00~20:00

パーキンソン病の画像診断 up to date

パーキンソン病の画像診断 up to date

日時:
2018年 9月7日(金) 19:00~20:00

講演内容:

座長:京都大学大学院医学研究科 臨床神経学 教授 髙橋良輔先生
演者:千葉大学大学院医学研究院 脳神経内科学 講師 平野成樹先生
内容:パーキンソン病の診断において画像検査の位置づけは年々重要になってきている。頭部MRIと核医学検査を組み合わせることで、臨床診断の補助に用いるほか、臨床診...

・受付終了:
2018/9/7 18:30
8
9
10
11

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~20:00

演題①:整形外科医の立場から見た、NSAIDs起因性消化管傷害抑制の意義と胃食道逆流症
演題②:橈骨遠位端骨折から始まる骨粗鬆症治療〜骨折と骨粗鬆症の接点〜

演題①:整形外科医の立場から見た、NSAIDs起因性消化管傷害抑制の意義と胃食道逆流症
演題②:橈骨遠位端骨折から始まる骨粗鬆症治療〜骨折と骨粗鬆症の接点〜

日時:
2018年 9月11日(火) 19:00~20:00

講演内容:

演者①:名古屋大学医部附属病院 整形外科 講師 今釜 史郎 先生
内容①:慢性疼痛患者は増加し、整形外科医の疼痛治療が重要である。鎮痛剤の選択肢は数多くあるが、有訴率の高い急性腰痛においても第1選択薬はNSAIDsであり、整形外科医はNSAIDsを投与する機会が多い。胃粘膜保護剤による消化管傷...

・受付終了:
2018/9/11 18:30
13

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

12:20~13:30

若い人の血圧管理:米国高血圧ガイドラインをふまえて

若い人の血圧管理:米国高血圧ガイドラインをふまえて

日時:
2018年 9月13日(木) 12:20~13:30

講演内容:

演者:Duke University, Department of Community and Family Medicine 矢野 裕一朗 先生
内容:2017年11月、血圧ガイドラインが米国で発表された。主な変更点は:①高血圧の基準値が収縮期血圧130mm Hgあるいは拡張期血圧80mm ...

・受付終了:
2018/9/13 11:50
14
15
16
17
18
19
20

詳細・視聴申込へ

  • 循環器 循環器

循環器

19:00~19:30

若い人の血圧管理:米国高血圧ガイドラインをふまえて

若い人の血圧管理:米国高血圧ガイドラインをふまえて

日時:
2018年 9月20日(木) 19:00~19:30

講演内容:

演者:Duke University, Department of Community and Family Medicine 矢野 裕一朗 先生
内容:2017年11月、血圧ガイドラインが米国で発表された。主な変更点は:①高血圧の基準値が収縮期血圧130mm Hgあるいは拡張期血圧80mm ...

・受付終了:
2018/9/20 18:30
21
22
23
24
25
28

詳細・視聴申込へ

  • 消化器 消化器

消化器

19:00~19:40

逆流性食道炎の初期治療の考え方とP-CABの有効性

逆流性食道炎の初期治療の考え方とP-CABの有効性

日時:
2018年 9月28日(金) 19:00~19:40

講演内容:

演者:兵庫医科大学内科学消化管科 主任教授 三輪洋人先生
内容:近年、H.pyloriの感染率の低下や食生活の欧米化などに伴い、日本人においても胃食道逆流症(GERD)が増加している。薬物療法に関しては、日本消化器病学会編集「GERD診療ガイドライン2015」で第一選択薬としてPPIが推奨され...

・受付終了:
2018/9/28 18:30
29
30
1
2
3
4
5
6