サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

製品概要|ゼジューラ カプセル100mg・錠100mg

ゼジューラ カプセル100mg

おすすめコンテンツ

臨床試験の読み解き方と評価ポイント

  • ゼジューラの臨床試験における対象選択基準や患者の遺伝子変異ステータス、ゼジューラの投与量など様々な点に着目しながら、結果の読み解き方と評価ポイントについて、北海道大学の渡利英道先生にご紹介いただきます。

    • ご監修・ご出演

    • 北海道大学大学院医学研究院 産婦人科学教室 教授
      渡利 英道 先生

卵巣がん・卵管癌・腹膜癌治療ガイドラインガイドライン CQアップデイト

  • 卵巣がん・卵管癌・腹膜癌治療ガイドライン2020年版では、薬物療法におけるPARP阻害剤のエビデンス蓄積を踏まえ、一部のクリニカルクエスチョン (CQ)が2021年にアップデイトされました。こちらの動画では、改訂されたCQの内容を、ゼジューラの臨床成績を交えてご紹介します。

I will
1. 警告
本剤は、緊急時に十分対応できる医療機関において、がん化学療法に十分な知識及び経験を持つ医師のもとで、本剤の使用が適切と判断される症例についてのみ投与すること。また、治療開始に先立ち、患者又は患者の家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与すること。
2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

「警告・禁忌を含む使用上の注意」等は添付文書をご参照ください。