サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg 抗悪性腫瘍剤(プロテアソーム阻害剤)

イキサゾミブクエン酸エステルカプセル

  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ1 スリーブ1
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ2 スリーブ2
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg 剤形写真 剤形写真
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ1 スリーブ1
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ2 スリーブ2
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg 剤形写真 剤形写真
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ スリーブ
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg スリーブ2 スリーブ2
  • ニンラーロカプセル2.3mg・3mg・4mg 剤形写真 剤形写真

【効能又は効果】

○再発又は難治性の多発性骨髄腫

○多発性骨髄腫における維持療法

【用法及び用量】

<再発又は難治性の多発性骨髄腫>

レナリドミド及びデキサメタゾンとの併用において、通常、成人にはイキサゾミブとして1日1回4mgを空腹時に週1回、3週間(1、8及び15日目)経口投与した後、13日間休薬(16~28日目)する。この4週間を1サイクルとし、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

<多発性骨髄腫における維持療法>

通常、成人には1日1回、本剤を空腹時に週1回、3週間(1、8及び15日目)経口投与した後、13日間休薬(16〜28日目)する。この4週間を1サイクルとし、投与を繰り返す。本剤の投与量は、4サイクルまではイキサゾミブとして3mg、5サイクル以降はイキサゾミブとして4mgとする。なお、患者の状態により適宜減量する。

製品情報概要 (パンフレット)等

よくあるQ&Aをご紹介します。

  • Q1. 妊婦へのニンラーロカプセルの投与は可能ですか? 回答はこちら
  • Q2. ニンラーロカプセル単剤による「多発性骨髄腫の維持療法」での、5サイクル以降で用… 回答はこちら
  • Q3. ニンラーロカプセルは食事の影響を受けますか? 回答はこちら
  • Q4. ニンラーロカプセルの脱カプセル及び粉砕投与は可能ですか? 回答はこちら
  • Q5. ニンラーロカプセルを投与中に帯状疱疹に対して抗ウイルス薬の予防投与は必要ですか? 回答はこちら

お知らせ一覧

関連情報