サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

イニシンク配合錠 選択的DPP-4阻害薬/ビグアナイド系薬配合剤 -2型糖尿病治療剤-

アログリプチン安息香酸塩 /メトホルミン塩酸塩

  • イニシンク配合錠 2錠写真(H10T) 2錠写真(H10T)
  • イニシンク配合錠 剤形写真 剤形写真
  • イニシンク配合錠 包装形状(H10T) 包装形状(H10T)

【効果・効能】

2型糖尿病
ただし、アログリプチン安息香酸塩及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。

【用法・用量】

通常、成人には 1 日 1 回 1 錠(アログリプチン/メトホルミン塩酸塩として25㎎/500㎎)を食直前又は食後に経口投与する。


糖尿病のいろは

よくあるQ&Aをご紹介します。

  • Q1. 腎機能障害のある患者さんへのイニシンク配合錠の投与について教えてください。 回答はこちら
  • Q2. 肝機能障害のある患者さんへのイニシンク配合錠の投与について教えてください。 回答はこちら
  • Q3. イニシンク配合錠を処方できる条件について教えてください。 回答はこちら
  • Q4. 乳酸アシドーシスの症状並びに発現しやすい患者さんの特徴について教えてください。 回答はこちら
  • Q5. イニシンク配合錠の1錠中の有効成分について教えてください。 回答はこちら

お知らせ一覧

関連情報