メインコンテンツに移動
【Service User】…2023/11/27(月) - 09:18 に投稿

遺伝性血管性浮腫(HAE)の可能性はありませんか?

領域別情報・医療情報

血友病

血友病
⾎友病治療の⽬標と現状
血友病の治療目標はQOL改善へ
PKプロファイル可視化の意義
血友病性関節症メカニズム
頭蓋内出血の観点から
血友病関連動画

ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報

ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
診断/バイオマーカー-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
臨床病型と症状/検査値-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
病因と病態-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
疫学-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
ゴーシェ病と関連疾患(血液疾患等)ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
遺伝形式と遺伝子変異-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報
ゴーシェ病治療の選択肢と治療目標-ゴーシェ病 医療関係者向け疾患情報

腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】 - HAE(遺伝性血管性浮腫)に関する情報サイト

腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】 - HAE(遺伝性血管性浮腫)に関する情報サイト
HAE(遺伝性血管性浮腫)の特徴 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)の病型分類 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)の検査 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)の治療 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)における患者指導 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)国際ガイドライン - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)の患者さんが利用できる医療費助成制度 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
AE-QoL(Angioedema Quality of Life Questionnaire)計算 - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
その症状HAE(遺伝性血管性浮腫)によるものかもしれません- 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
遺伝性血管性浮腫(HAE)の可能性はありませんか?- 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
はばたけ、HAEから。- 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療関係者向け】
日本におけるガイドライン

ファブリー病 医療関係者向け疾患情報

ファブリー病 医療関係者向け疾患情報
乾燥ろ紙血による検査キットについて
ファブリー病が疑われる患者さんをお持ちの先生へ
ファブリー病のエキスパートに聞く

von Willebrand病(フォン・ヴィレブランド病)

von Willebrand病(フォン・ヴィレブランド病)
婦人科の先生へ、その出血 VWD かもしれません
フォン・ヴィレブランド病とは
フォン・ヴィレブランド病の症状、病型
専門医からのメッセージ
診断と鑑別
専門医への紹介
治療
日常生活での注意点
医療費助成制度
女性の出血性疾患に関する eラーニングプログラム
von-Willebrand病の診療ガイドライン2021年版

後天性血友病A

後天性血友病A
後天性血友病Aとは?
後天性血友病Aが疑われる患者が来院したら?
後天性血友病Aの診断のために
後天性血友病Aの治療は?
AHA Expert Lecture

TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)

TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)
TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)とは
TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の症状
TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の診断・検査
TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の治療

CMV感染・感染症

CMV感染・感染症
サイトメガロウイルス(CMV)について
CMV感染・感染症について
造血幹細胞移植(HSCT)におけるCMV感染・感染症
固形臓器移植(SOT)におけるCMV感染・感染症
画像(PC)
遺伝性血管性浮腫(HAE)の可能性はありませんか?
画像(SP)
遺伝性血管性浮腫(HAE)の可能性はありませんか?

HAE患者さんのほとんどが、腹部発作※1を繰り返し経験しています

※1 腸管の浮腫に起因

画像(PC)
腹部発作を繰り返し経験した患者の割合
本文

腹部発作を繰り返し経験した患者の割合
93.3%(195/209例)

Bork K et al: Am J Med 2006; 119: 267-274.

画像(SP)
腹部発作を繰り返し経験した患者の割合
本文

腹部発作を繰り返し経験した患者の割合
93.3%(195/209例)

Bork K et al: Am J Med 2006; 119: 267-274.

本文

腹痛を訴える患者さんの中には
HAEの方が含まれている可能性があります

HAEとは

■遺伝性の血管性浮腫

HAEは、1888年に “家族性に血管性浮腫を生じる疾患”として報告された1)、非常にまれな遺伝性の血管性浮腫です。HAEでは、毛細血管の拡張と透過性を亢進するブラジキニンが主なメディエーターとして働き、皮膚や粘膜深部に一過性の浮腫を生じます。

 

■HAEの浮腫はさまざまな部位に起こり、繰り返す

浮腫の発作は、顔面や口唇、四肢、消化管などのさまざまな部位に繰り返します。

 

■消化管の浮腫は強い腹痛を、喉頭の浮腫は呼吸困難を引き起こす

特に、消化管に浮腫を生じると激烈な腹痛が起こることがあり、喉頭に浮腫を生じると呼吸困難や窒息をきたすこともあります。

 

■HAEは希少疾患

HAEは古くから知られていますがまれな疾患で、欧米ではその発症頻度は5万人に1人程度といわれ、人種差もないといわれています2, 3)

 

■知っていれば診断可能

疾患を知っていれば診断は比較的容易であり、診断がつけば有効な治療を受けることができます。しかし、実臨床で診断・治療する機会は少ないことや、一見すると一連の症状に関連性が乏しいため、診断に難渋することが多く、長年診断がつかず苦しまれている患者さんが多いのが現状です。

 

HAEをとりまくわが国の現状

未診断患者を含む患者数(有病率3)より推定)2,500

初発からHAEと診断されるまでの期間4)平均13.8

 

HAEでは、局所性浮腫が全身のあらゆる部位に生じます

■HAEの発作部位

画像(PC)
HAEでは、局所性浮腫が全身のあらゆる部位に生じます
画像(SP)
HAEでは、局所性浮腫が全身のあらゆる部位に生じます

■HAE発作の部位別頻度(海外データ)

浮腫の発現場所は、皮膚、腹部、喉頭の順に多いとされます。

皮膚、腹部、その他臓器における発作頻度
(全131,110回の発作の部位別頻度)

画像(PC)
皮膚、腹部、その他臓器における発作頻度
本文

目的:遺伝性血管性浮腫(HAE)に特異的な腫脹パターンを確立するために、長期経過を評価することにより浮腫の経時変化及び分布様式を検討する。

対象:Mainz大学(ドイツ)皮膚科の血管性浮腫外来に通院する患者のうち、血漿中C1-INH及びC4の欠損が確認され、臨床症状を呈したHAE患者209例

試験方法:症例報告に基づいて後方視的に解析した。診察時にその時点までに経験したすべての部位の発作について、標準化された質問票とスコアによりデータを収集した。また、患者が自宅で記入した腫脹日誌を分析し、発作を確認した時間、持続時間、重症度、及び発作部位のデータを収集した。患者ごと及び発作ごとにデータを表示した。

Limitation:後方視的に収集した腫脹の頻度と部位に関するデータは患者の想起に基づいているため、特に四肢や腹部など頻度の高い腫脹部位の情報は正確でない可能性がある。

Bork K et al: Am J Med 2006; 119: 267-274.

1)Osler W: Am J Med Sci 1888; 95: 362–367.
2)堀内孝彦ら. 補体.2020; 57(1): 3-22.
3)Bowen T et al: Ann Allergy Asthma Immunol 2008; 100: S30-40
4)Ohsawa I et al: Ann Allergy Asthma Immunol 2015; 114: 492-498

画像(SP)
皮膚、腹部、その他臓器における発作頻度
本文

目的:遺伝性血管性浮腫(HAE)に特異的な腫脹パターンを確立するために、長期経過を評価することにより浮腫の経時変化及び分布様式を検討する。

対象:Mainz大学(ドイツ)皮膚科の血管性浮腫外来に通院する患者のうち、血漿中C1-INH及びC4の欠損が確認され、臨床症状を呈したHAE患者209例

試験方法:症例報告に基づいて後方視的に解析した。診察時にその時点までに経験したすべての部位の発作について、標準化された質問票とスコアによりデータを収集した。また、患者が自宅で記入した腫脹日誌を分析し、発作を確認した時間、持続時間、重症度、及び発作部位のデータを収集した。患者ごと及び発作ごとにデータを表示した。

Limitation:後方視的に収集した腫脹の頻度と部位に関するデータは患者の想起に基づいているため、特に四肢や腹部など頻度の高い腫脹部位の情報は正確でない可能性がある。

Bork K et al: Am J Med 2006; 119: 267-274.

1)Osler W: Am J Med Sci 1888; 95: 362–367.
2)堀内孝彦ら. 補体.2020; 57(1): 3-22.
3)Bowen T et al: Ann Allergy Asthma Immunol 2008; 100: S30-40
4)Ohsawa I et al: Ann Allergy Asthma Immunol 2015; 114: 492-498

本文

HAEチェックシート

患者さんのHAEの可能性を調べてみませんか?

チェックシートを試す >

HAEの検査

HAE(遺伝性血管性浮腫)が疑われる症候を持った症例について、HAEの診断と病型分類に必要な検査をご紹介しています。

HAEの検査について >

鑑別診断

HAE(遺伝性血管性浮腫)の鑑別ポイントをご紹介しています。

鑑別診断について >

HAEの症状

HAE(遺伝性血管性浮腫)の症状についてご紹介しています。HAEの発症部位や発症時期、発作の頻度や発作の誘因、持続時間、前駆症状について解説しています。

HAEの症状について >