ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 患者さんの季節を楽しむおいしい食事

チンゲン菜と油揚げのだし浸し わさび添え
チンゲン菜と油揚げのだし浸し
わさび添え
栄養士のおすすめポイント

シンプルなだし浸しに、わさびを添え、その香りと辛味でいただきます。だし汁は少し濃いめのもので作るのがおすすめです。

高血圧症患者さんの食事Q&A

栄養価 (一人分)

エネルギー 52kcal たんぱく質 2.9g
脂質 3.7g 炭水化物 2.1g
コレステロール 0mg 食塩相当量 0.2g
食物繊維 0.7g カリウム 195mg
カルシウム 85mg マグネシウム 27mg
リン 61mg 0.9mg
亜鉛 0.4mg ビタミンA 85μg
ビタミンE 0.5mg ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.05mg ビタミンB6 0.06mg
ビタミンB12 0.2μg 葉酸 36μg
ビタミンC 12mg ビタミンD 0.0μg

材料 (二人分)

チンゲン菜 100g だし汁(やや濃い目に
とったものがよい)
160ml
油揚げ 20g 練りわさび(好みで) 小さじ2/3 (4g)

手順

チンゲン菜はひと株を縦に4〜6等分に切り分け、根元の部分をしっかり洗います。
油揚げは1枚を6〜8等分の角切りにします。
空のフライパンを中火で熱し、油揚げ、チンゲン菜を置きます。
油揚げにこんがり色づいたところで火を弱め、だし汁を加えます。
中火に戻し、蓋をして2〜3分、チンゲン菜がしんなりしたら火を止めます。
器に盛り、わさびを添えてできあがりです。
  ※ 手順内の時間は2人分の目安。

高血圧症患者さんの食事Q&A