サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定医師・医療スタッフ向け英会話

英会話一覧へ
英会話一覧へ
こんなときどう言う? 医療スタッフのための英会話
医療スタッフの方を対象に、外国人の患者さんへの対応に必要な英会話をクイズ形式で紹介しています。外来や病棟など実際の現場で使われる会話をもとにしていますので、すぐに使える実践的な英会話が身に付きます。
外来や病棟などの場面で、医療スタッフと外国人の患者さんの会話が日本語と英語で提示されます。
会話の続きが日本語で提示されます。制限時間内に英単語を順番に並べ、対訳を完成させます。
答え合わせの後に、解説で理解を深めます。会話の音声を聴くことができます。
監修:芦田ルリ先生
東京慈恵会医科大学 国際交流センター長 教授 / 東京大学医学部・東京医科大学 英語非常勤講師
1960-1964年 及び1975-1976年英国在住。1989-1995年カナダ在住。トロント大学大学院修士。2012年より医学生・看護学生の医療英語コミュニケーション力の育成のため、患者役を演じる外国人(外国人模擬患者)グループを養成。8大学(2大学病院)の学生・医療従事者に外国人模擬患者を活用した医療面接実習を行っている。
英会話一覧へ
こんなときどう言う? 診察室の英会話
医師の方を対象に、文化の異なる外国人の患者さんとスムーズにコミュニケーションをとるために必要な英語や基本的な診療対応などを紹介しています。診察室を舞台に研修医と外国人の患者さんの会話が繰り広げられます。
音声付きで研修医と外国人の患者さんの会話が繰り広げられます。会話の途中で、表現や文化の違いによるミスコミュニケーションが起きます。
ポイントでミスコミュニケーションが起きた背景の説明や外国人の患者さんに意図を正しく伝えるための診療対応を解説します。
ポイントを踏まえて会話の続きが展開されます。派生する用語・表現やコラムでさらに学びを深めることができます。
監修:野田小枝子先生
津田塾大学大学院文学研究科 特任教授(英語教育研究コース)/ 東京女子医科大学医学部 非常勤講師(英語教室)
津田塾大学およびセント・ローレンス大学を卒業後、1981年、インディアナ大学大学院修士課程卒業。聖路加看護大学などで英語講師を務めた後、2005年、シカゴ大学大学院より言語学博士号取得。1983年より留学期間を除き、津田塾大学非常勤講師を務める。2005年より東京女子医科大学准教授、2010年4月より現職。
英会話一覧へ
本コンテンツの閲覧には、Firefox、Google Chrome、Safariは最新版を、
Internet Explorerは9.X以上の環境を推奨いたします。
上記以外のバージョンでは正しく動作しない場合がございますので、予めご了承ください。