サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

講演会詳細情報

この講演会の視聴を申し込む場合は下記「視聴を申し込む」ボタンを押してログインもしくは会員登録を行って下さい。
会員登録後、自動で講演会は申し込まれます。

Web講演会 循環器 全会員向け

「町の減塩環境を活用して高血圧を治療する」そして「子どもの塩育で明るい将来を」

日時
2019年 2月21日(木) 12:30~13:00
講演内容
演者:日本高血圧学会減塩委員会委員 日下医院 院長 日下 美穂 先生
内容:少子高齢化の日本にとって平均寿命と健康寿命のギャップは、労働人口減少を招き、医療費や介護費を押し上げ、国の財政を脅かし国力を低下させかねません。特に食塩過剰の食習慣は高血圧からの脳卒中、それによる車椅子生活、寝たきりや認知症、また心筋梗塞や胃癌、骨粗鬆症などを引き起こし、健康寿命を妨げる大きな要因であると考えると、減塩は最も安価で効率の良い、健康寿命延伸と国防の切り札と言えるでしょう。しかし医師は無力。何十年も患者への減塩指導だけでは減塩は実現できませんでした。国民全体への啓発、特に将来を見据えると若者や、三つ子の魂百までとも言われるように生涯の生活習慣を形成する幼小児のうちからの食育が最も重要だと思います。しかし、減塩したくても我が国の塩の溢れた食の環境では個人の努力には限界があります。減塩が当たり前になり、その先の適塩の社会環境を作ることが大切です。将来、子供たちを疾病から守るため、今こそ減塩のラストチャンスです。私たちは、2008年から減塩活動を始めましたが、地元タウン誌に減塩記事を載せ、減塩サミットなどのイベントを行い、特定健診やかかりつけ医での推定食塩摂取量の検査で減塩の動機づけをして、実際に身近なレストランで美味しい減塩食を食べて経験する味のレッスンができ、コンビニやパン屋さんでも減塩商品を買えて、小学校の減塩学校給食が始まるなど、患者や市民が減塩しやすい社会環境が少しずつ整ってきました。その環境を活用して高血圧を治療しています。
受付終了
2019/2/21 12:00
  • Web講演会の視聴には会員登録が必要です。
  • 本講演会視聴状況は先生を担当する弊社MRにフィードバックされ、情報提供やサービスのお知らせのために活用させていただく場合がございます
視聴に必要な環境
PC(Flash Player)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Mozilla Firefox
Safari
Flash Player Flash Player 最新バージョン(11.4以上が必須)
スペック <CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
<空き容量/搭載メモリ>
512MB/1GB
<CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
PC(HTML5)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Mozilla Firefox
Safari
モバイル
OS ブラウザ※1
iOS iOS7以上 Safari
Android Android 4.4以上 Chrome

※クライアントの必要最低限の動作環境となります。 
全ての環境での動作を保証するものではありません。

※1 ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。各ブラウザは、最新のアップデートが適用されていることを前提としています。

※2 Windows 8 / 8.1 / 10 については、デスクトップモードで動作確認しております。デスクトップモードでご利用ください。

講演会一覧に戻る