サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

講演会詳細情報

この講演会の視聴を申し込む場合は下記「視聴を申し込む」ボタンを押してログインもしくは会員登録を行って下さい。
会員登録後、自動で講演会は申し込まれます。

Web講演会 循環器 全会員向け

アンメット・メディカル・ニーズに応えるための高血圧治療

日時
2019年 3月7日(木) 12:30~13:00
講演内容
演者:愛媛大学大学院医学系研究科 器官・形態領域 薬理学 教授 茂木正樹先生
内容:高血圧治療薬には多くの種類があり、「薬剤貢献度」は高く、「治療の満足度」も高いことが知られている。一方で、血管性認知症やアルツハイマー病に関しては伴に有効な治療薬がなく、アンメット・メディカル・ニーズの高い疾患である。最近、高血圧が血管性認知症だけでなくアルツハイマー病とも関連することを示す疫学的研究が増えており、アンメット・メディカル・ニーズに対する影響が注目されている。高血圧治療の基本は充分な降圧であることは言うまでもないが、1剤で満足のいく降圧効果が得られないために多剤併用になることも多い。しかし、併用療法は各降圧薬のメリットを生かせる半面、各降圧薬による副作用の頻度も高くなってしまう。また患者のアドヒアランス向上のためにも、1剤でしっかりした降圧効果が得られる降圧薬が理想と言えよう。アジルサルタンは降圧力に優れたRA系阻害薬として認識されている。アンジオテンシンIIを過剰に発現する高血圧マウスを用いた我々の基礎研究から、アジルサルタンには確実な降圧効果に加えて、RA系のprotectivearmと呼ばれる臓器保護シグナルの活性化による臓器保護への関連が示唆されている。本講演では、基礎研究からみたアンメット・メディカル・ニーズに応えるための高血圧治療と、アジルサルタンの臨床での結果につながる基礎研究から見た特徴について概説する。
受付終了
2019/3/7 12:00
  • Web講演会の視聴には会員登録が必要です。
  • 本講演会視聴状況は先生を担当する弊社MRにフィードバックされ、情報提供やサービスのお知らせのために活用させていただく場合がございます
視聴に必要な環境
PC(Flash Player)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Mozilla Firefox
Safari
Flash Player Flash Player 最新バージョン(11.4以上が必須)
スペック <CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
<空き容量/搭載メモリ>
512MB/1GB
<CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
PC(HTML5)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Mozilla Firefox
Safari
モバイル
OS ブラウザ※1
iOS iOS7以上 Safari
Android Android 4.4以上 Chrome

※クライアントの必要最低限の動作環境となります。 
全ての環境での動作を保証するものではありません。

※1 ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。各ブラウザは、最新のアップデートが適用されていることを前提としています。

※2 Windows 8 / 8.1 / 10 については、デスクトップモードで動作確認しております。デスクトップモードでご利用ください。

講演会一覧に戻る