サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

講演会詳細情報

この講演会の視聴を申し込む場合は下記「視聴を申し込む」ボタンを押してログインもしくは会員登録を行って下さい。
会員登録後、自動で講演会は申し込まれます。

Web講演会 循環器 全会員向け

家庭血圧測定の重要性と家庭血圧測定を臨床に活かす際のポイント

日時
2019年 1月29日(火) 18:30~19:00
講演内容
演者:帝京大学医学部 衛生学公衆衛生学講座 准教授 浅山 敬 先生
内容:家庭血圧測定には患者・被検者の自己測定・自己健康管理のツールとしての有用性がある。近年、患者自身による夜間・就寝中の血圧測定も可能になり、遠隔管理・遠隔診療でも家庭血圧測定が活用されつつある。国内外の臨床疫学研究で、家庭血圧値の高い循環器予後予測能が裏付けられており、わが国では家庭血圧が高血圧治療管理の中心に位置づけられている。ただし、測定条件などが不適当な状態で測定された家庭血圧値の信頼性は低く、家庭血圧の活用のためには医師、医療従事者による患者の血圧測定の定期的なチェックが欠かせない。本講演では、家庭血圧を正しく測定して幅広く臨床応用するためのポイントを概説する。
受付終了
2019/1/29 18:00
  • Web講演会の視聴には会員登録が必要です。
  • 本講演会視聴状況は先生を担当する弊社MRにフィードバックされ、情報提供やサービスのお知らせのために活用させていただく場合がございます
視聴に必要な環境
PC(Flash Player)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Mozilla Firefox
Safari
Flash Player Flash Player 最新バージョン(11.4以上が必須)
スペック <CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
<空き容量/搭載メモリ>
512MB/1GB
<CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU
PC(HTML5)
Windows Mac
OS
※2
Windows10
Windows 8.1
macOS 最新版
ブラウザ
※1
Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Mozilla Firefox
Safari
モバイル
OS ブラウザ※1
iOS iOS7以上 Safari
Android Android 4.4以上 Chrome

※クライアントの必要最低限の動作環境となります。 
全ての環境での動作を保証するものではありません。

※1 ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。各ブラウザは、最新のアップデートが適用されていることを前提としています。

※2 Windows 8 / 8.1 / 10 については、デスクトップモードで動作確認しております。デスクトップモードでご利用ください。

講演会一覧に戻る