ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 安全性|国内第Ⅱ相試験(2002試験)

安全性(副次評価項目)

副作用発現頻度は、100%(20/20例)でした。
発現頻度30%以上の主な副作用は、貧血70.0%(14/20例)、悪心60.0%(12/20例)、血小板数減少55.0%(11/20例)、嘔吐及び好中球数減少各30.0%(6/20例)でした。
重篤な副作用として、血小板減少及び貧血が各2例(10.0%)にみられました。
投与中止に至った副作用は20例中1例(好中球数減少、血小板数減少、白血球数減少)にみられました。

ゼジューラの用法及び用量
通常、成人にはニラパリブとして1日1回200mgを経口投与する。ただし、本剤初回投与前の体重が77kg以上かつ血小板数が150,000/μL以上の成人にはニラパリブとして1日1回300mgを経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。