ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 タケキャブ錠 タケキャブ錠をご使用いただくに際して

Last Update:2019.08

タケキャブ錠をご使用いただくに際して

禁忌:次の患者さんには投与しないでください

(1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

(2)アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患者 (「相互作用」の項参照)

効能・効果に関連する使用上の注意:以下の点にご留意ください

低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合

血栓・塞栓の形成抑制のために低用量のアスピリンを継続投与している患者を投与対象とし、投与開始に際しては、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往を確認すること。

非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合

関節リウマチ、変形性関節症等における疼痛管理等のために非ステロイド性抗炎症薬を長期継続投与している患者を投与対象とし、投与開始に際しては、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往を確認すること。

H. pylori の除菌の補助の場合

(1)進行期胃MALTリンパ腫に対するH. pylori 除菌治療の有効性は確立していない。

(2)特発性血小板減少性紫斑病に対しては、ガイドライン等を参照し、H. pylori 除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。

(3)早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外には、H. pylori 除菌治療による胃癌の発症抑制に対する有効性は確立していない。

(4)H. pylori 感染胃炎に用いる際には、H. pylori が陽性であること及び内視鏡検査によりH. pylori 感染胃炎であることを確認すること。

慎重投与:次の患者さんには慎重に投与してください

(1)肝障害のある患者[本剤の代謝、排泄が遅延することにより血中濃度が上昇することがある。](「薬物動態」の項参照)

(2)腎障害のある患者[本剤の排泄が遅延することにより血中濃度が上昇することがある。](「薬物動態」の項参照)

(3)高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

本剤の効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。

禁忌、組成・性状等ページへ