ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 タケキャブ錠 薬効薬理:薬理作用

Last Update:2019.08

1.薬理作用

(1)胃酸分泌抑制の作用機序

■ボノプラザン

ボノプラザンの胃酸分泌抑制の作用機序

■ランソプラゾール

ランソプラゾールの胃酸分泌抑制の作用機序

(監修:自治医科大学名誉教授 菅野 健太郎先生)

(2)H. pylori 除菌効果27)28)

ボノプラザンフマル酸塩は抗H. pylori 活性及びH. pylori ウレアーゼ阻害活性は示さない27)。臨床的に確認されたボノプラザンと抗菌薬との併用によるH. pylori 除菌効果は、ボノプラザンが胃内pHを上昇させることにより併用する抗菌薬の抗菌活性を増強させ、抗菌薬の粘液層透過性を高めたためと考えられる28)


27) ボノプラザンの薬理試験成績(社内資料、承認審査時評価資料)[HB15C272]
28) Labenz J:Best Pract Res Clin Gastroenterol. 2001;15(3):413-31.[HB01I147]

本剤の効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。

薬効薬理:臨床薬理試験ページへ