ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 ロトリガ 薬物動態

Last Update:2016.08

血漿中濃度

薬物動態の評価はイコサペント酸エチル(EPA-E)及びドコサヘキサエン酸エチル(DHA-E)の代謝物であるイコサペント酸(EPA)及びドコサヘキサエン酸(DHA) を用いた。

(1)単回投与での検討(健康成人)6)

健康成人11例を対象にロトリガ1回2gを朝食開始30分後に単回投与したときのEPA及びDHAの薬物動態パラメータは以下のとおりであった。

単回投与での検討(健康成人)

(2)反復投与での検討(血清中TGが高値の患者)1)

血清中TGが高値の患者415例を対象にロトリガ2g/日(1回2g、朝食直後)又は4g/日(1回2g、朝食及び夕食直後)を12週間経口投与したとき、EPA及びDHAの血漿中濃度は以下のとおりであった。いずれの投与方法においても投与前と比べて投与4週後には増加を示し、4週以降ほぼ一定に推移した。

反復投与での検討(血清中TGが高値の患者)
注意  【用法・用量】
通常、成人にはオメガ−3脂肪酸エチルとして1回2gを1日1回、食直後に経口投与する。ただし、トリグリセライド高値の程度により1回2g、1日2回まで増量できる。

代謝・排泄(ラット、in vitro7)~12)

(1)  EPA−E及びDHA−Eは小腸において加水分解を受けた後、TGやリン脂質等に構成脂肪酸として取り込まれ各組織へ移行後、主としてミトコンドリアにおけるβ酸化によりアセチルコエンザイムA(アセチルCoA)に代謝され、TCA回路を経由して最終的にCO2及びH2Oとなり、主に呼気から体外に排泄される。7)~10)
(2)  EPA及びDHA(2~200μmol/L)はCYP2C9及びCYP2C19に対し阻害作用を示すとの報告があるが、ヒト血漿中の総EPA及び総DHAに占める遊離脂肪酸の割合は低いと推察される。11)
(3)  EPA及びDHA(5、50及び500μg/mL)のCYP1A及びCYP3A誘導作用を検討した結果、EPA及びDHAともに最高濃度の500μg/mLまでCYP誘導作用は認めなかった。12)

薬物間相互作用(外国人データ)13)~15)

オメガ−3脂肪酸エチル製剤とシンバスタチン、アトルバスタチン又はロスバスタチンとの薬物間相互作用を空腹時単回投与により検討したが、オメガ−3脂肪酸エチル製剤はいずれのHMG−CoA還元酵素阻害薬の血中濃度にも影響を及ぼさなかった。

乳汁中への移行(ラット)16)

動物試験で乳汁中に移行することが知られている。

組織移行性(ラット)17)18)

EPAおよびDHAの組織移行性は、以下のとおりであった。

(1)  EPA:雄性ラットに[14C]EPA−E 30mg/kg/日を1日1回12日間反復投与24時間後における総放射能濃度は褐色脂肪、 副腎、白色脂肪、皮膚で高かった。
組織移行性(ラット)
(2)  DHA:雄性アルビノラットに[14C]DHA−E 30mg/kg/日を1日1回14日間反復投与24時間後における総放射能濃度は褐色脂肪、白色脂肪、心臓、副腎、肝臓で高かった。
組織移行性(ラット)
1) オメガ-3脂肪酸エチルの臨床試験成績(第Ⅲ相検証試験)(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019685]
 6) オメガ-3脂肪酸エチルの薬物動態試験成績(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019687]
 7) Harris WS, et al.: Atherosclerosis. 2008; 197(1): 12
 8) 原健次: 生理活性脂質EPA・DHAの生化学と応用. 1996; 14 幸書房
 9) Ishiguro J, et al.: Chem Pharm Bull(Tokyo). 1998; 36(6): 2158
10) 原健次: 生理活性脂質EPA・DHAの生化学と応用. 1996; 139 幸書房
11) Yao HT, et al.: Life Sci. 2006; 79(26): 2432
12) オメガ-3脂肪酸エチルの薬物動態試験成績(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019688]
13) McKenney JM, et al.: J Clin Pharmacol. 2006; 46(7): 785
14) Di Spirito M, et al.: Expert Opin Pharmacother. 2008; 9(17): 2939
15) Gosai P, et al.: Expert Opin Pharmacother. 2008; 9(17): 2947
16) オメガ−3脂肪酸エチルの薬物動態試験成績(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019763]
17) 石黒淳三他., 薬物動態 1987; 2: 683.
18) オメガ-3脂肪酸エチルの薬物動態試験成績(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019689]

禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。

薬効薬理
~ 作用機序 ~