ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 リュープリン注射用 前立腺癌編
禁忌、組成・性状等

Last Update:2019年8月

禁忌

【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
本剤の成分又は合成LH-RH、LH-RH 誘導体に対して、過敏症の既往歴のある患者

(前立腺癌以外の効能・効果に対する禁忌については最新の添付文書をご覧ください。)

組成・性状

4週製剤(3.75mg)
本剤は白色の粉末の凍結乾燥品で、持続性注射剤であり、下記のバイアル品とキット品がある。

有効成分リュープロレリン酢酸塩3.75mg
添加物乳酸・グリコール酸共重合体(3:1)
D-マンニトール
33.75mg
6.6mg

なお、バイアル品には懸濁用液1mLが添付されており、キット品は粉末部本体と液体部(懸濁用液1mL)が一体となっている。懸濁用液1mLには、注射用水及び添加物としてD-マンニトール50mg、カルメロースナトリウム5mg、ポリソルベート80 1mgを含有する。
本剤が添付の懸濁用液1mLで懸濁された場合、pHは6.0~7.5、浸透圧比(生理食塩液に対する比)は約1である。

12週製剤(SR11.25mg)
本剤は白色の粉末の凍結乾燥品で、持続性注射剤である。

有効成分リュープロレリン酢酸塩11.25mg
添加物乳酸重合体
D-マンニトール
99.3mg
19.45mg

なお、本製品はキット品であり、粉末部本体と液体部(懸濁用液1mL)が一体となっている。懸濁用液1mLには、注射用水及び添加物としてD-マンニトール50mg、カルメロースナトリウム5mg、ポリソルベート80 1mgを含有する。
本剤が添付の懸濁用液1mLで懸濁された場合、pHは6.0~7.1、浸透圧比(生理食塩液に対する比)は約1である。

24週製剤(PRO22.5mg)
本剤は白色の粉末の凍結乾燥品で、持続性注射剤である。

有効成分リュープロレリン酢酸塩22.5mg
添加物乳酸重合体
ステアリン酸
D-マンニトール
84.96mg
5.05mg
19.9mg

なお、本製品はキット品であり、粉末部本体と液体部(懸濁用液1mL)が一体となっている。懸濁用液1mLには、注射用水及び添加物としてD-マンニトール50mg、カルメロースナトリウム5mg、ポリソルベート80 1mgを含有する。
本剤が添付の懸濁用液1mLで懸濁された場合、pHは6.0~7.0、浸透圧比(生理食塩液に対する比)は約1である。

有効成分に関する理化学的知見

化学構造式:化学構造式
一般名: リュープロレリン酢酸塩(Leuprorelin Acetate)[JAN]
化学名:5-Oxo-L-prolyl-L-histidyl-L-tryptophyl-L-seryl-L-tyrosyl-D-leucyl-L-leucyl-L-arginyl-N-ethyl-L-prolinamide monoacetate
分子式:C59H84N16O12・C2H4O2
分子量:1269.45
性状:リュープロレリン酢酸塩は白色~帯黄白色の粉末である。水又は酢酸(100)に極めて溶けやすく、メタノールに溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくい。吸湿性である。

前立腺癌編 効能・効果、用法・用量、使用上の注意

禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。