ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 リュープリン注射用 閉経前乳癌編 薬物動態

Last Update:2019年8月

血清中濃度

(1) リュープロレリン3.75mg(4週製剤)反復投与時(4週毎3回皮下投与) 6)

閉経前乳癌患者11例を対象に3.75mgもしくは7.5mgを4週毎に3回皮下へ反復投与した。リュープロレリン未変化体の血清中濃度は投与1週後から4週後にかけ持続ないし上昇のパターンがみられ、4週から12週はほぼ一定で推移した。

■リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(未変化体:ラジオイムノアッセイ法)

リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(未変化体:ラジオイムノアッセイ法)

(2) リュープロレリン11.25mg(12週製剤)反復投与時(12週毎2回皮下投与) 10)

閉経前乳癌術後患者37例 a)を対象に、SR11.25mgを12週毎に2回皮下へ反復投与した。リュープロレリン未変化体の血清中濃度は、初回投与後から徐々に増加し、初回投与16週後にほぼ定常状態に達した。又、代謝物M-Ⅰを含む血清中濃度も同様に推移した。

■リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(ラジオイムノアッセイ法)

リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(ラジオイムノアッセイ法)

4週製剤の用法・用量

通常、成人には4週に1回リュープロレリン酢酸塩として3.75mgを皮下に投与する。詳細については「用法・用量及び用法・用量に関連する使用上の注意」の項をご参照ください。

(3) リュープロレリン22.5mg(24週製剤)反復投与時 13)

ホルモン療法未治療の閉経前乳癌術後患者 a)を対象に、原則としてPRO22.5mgを24週毎に4回、もしくは、SR11.25mgを12週毎に8回皮下へ反復投与した。PRO22.5mg投与時のリュープロレリン未変化体の血清中濃度は投与直後に急激に上昇した後、投与8日後まで急速に低下した。その後、投与2週後から投与3週後までに再び上昇し、投与3週後から投与24週後までの期間にわたり徐々に低下する2峰性を示した。

■リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(未変化体: 液体クロマトグラフィータンデム質量分析法)

リュープロレリン酢酸塩の血清中濃度(未変化体: 液体クロマトグラフィータンデム質量分析法)

■薬物動態学的パラメータ

n b)Cmax
(ng/mL)
Tmax
(hr)
AUC0-168days
(ng・hr/mL)
1/2
(hr)
リュープロレリン
22.5mg(24週製剤)
225.20(1.03)0.97(0.77,1.40)560.9(190.5)894.9(277.7)
リュープロレリン
11.25mg(12週製剤)
2126.74(5.94)1.15(0.77,2.93)309.9(56.1) 657.7(184.0)

平均値(標準偏差)、Tmaxは中央値(最小値、最大値)
b)薬物動態データの解析対象集団のうち、治験薬投与3、6時間後に血清中未変化体濃度が測定された症例

リュープロレリン3.75mg(4週製剤)

対象・方法閉経前進行・再発乳癌患者に対し、3.75mgもしくは7.5mgを原則として4週間隔で3回、皮下に反復投与した。本試験の主要評価項目、その他の評価項目等、試験概要の詳細は「試験概要」をご参照ください
副作用3.75mgでは65.3%(32/49例)に、7.5mgでは60.8%(31/51例)に副作用が認められた。詳細は「副作用」をご参照ください

リュープロレリン11.25mg(12週製剤)

対象・方法閉経前乳癌術後患者(ホルモン療法未治療例)に対し、原則としてSR11.25mgを12週間隔で2回、もしくは3.75mgを4週間隔で24回皮下に反復投与した。評価項目等、試験概要の詳細は「試験概要」をご参照ください
副作用86.4%(19/22例)に副作用が認められた。詳細は「副作用」をご参照ください

リュープロレリン22.5mg(24週製剤)

対象・方法閉経前乳癌術後患者(ホルモン療法未治療例)に対し、原則としてPRO22.5mgを24週間隔で4回、もしくはSR11.25mgを12週間隔で8回皮下に反復投与した。評価項目等、試験概要の詳細は「試験概要」をご参照ください
副作用PRO22.5mgでは92.8%(77/83例)に、SR11.25mgでは95.2%(80/84例)に副作用が認められた。詳細は「副作用」をご参照ください

6)田口鐵男, 他: 癌と化学療法. 1995; 22(4): 477 [HB95D102]

10)リュープロレリン11.25mgの閉経前乳癌術後患者を対象とした国内第Ⅱ相非劣性検証試験(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019733]

13)リュープロレリン22.5mgの閉経前乳癌術後患者を対象とした国内第Ⅲ相非劣性検証試験(社内資料、承認審査時評価資料) [HA019735]

閉経前乳癌編 薬効薬理

禁忌を含む使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。