サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ゼジューラカプセル100mg くすりの相談FAQ抗悪性腫瘍剤/ポリアデノシン5'二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤

ニラパリブトシル酸塩水和物

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

ゼジューラカプセル100mgのFAQ一覧へ戻る

3.安全性

Q2
ゼジューラカプセルの悪心・嘔吐に対する前投薬(プレメディケーション)、催吐性リスクの程度について教えてください。

添付文書では嘔吐に対するプレメディケーションに関する記載はありませんが催吐性リスク分類をもとにご施設でご判断ください1)

<催吐性リスク分類について>
日本癌治療学会の制吐薬適正使用ガイドライン2015年10月【第2版】ver.2.2ではゼジューラカプセルの記載はありません2)
NCCNガイドライン2020年版3)においてゼジューラカプセルは、経口抗癌剤として中等度から高度の嘔吐リスク(嘔吐頻度30%以上)に分類されています。嘔吐を予防するため、抗癌剤の服用前に5-HT3受容体拮抗薬(dolasetron、グラニセトロン、オンダンセトロン)の連日経口投与が推奨されています。必要であればday1〜4で6時間毎のロラゼパム0.5~2mgの経口/静脈内/舌下投与を考慮します。また、H2受容体拮抗薬又はプロトンポンプ阻害薬投与も考慮します。

ロラゼパム、H2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬は、「抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状」に対する適応を有していませんのでご注意ください4)

(参考資料)
  1. ゼジューラカプセル100mg 添付文書
  2. 制吐薬適正使用ガイドライン2015年10月【第2版】ver.2.2:日本癌治療学会編集
    http://www.jsco-cpg.jp/guideline/29.html(閲覧日:2021年7月26日)
  3. NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology, Antiemesis Version 2. Aprill-23, 2020.
  4. ゼジューラカプセル100mg 適正使用の手引き