サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ベクティビックス点滴静注100mg・400mg くすりの相談FAQ抗悪性腫瘍剤/ヒト型抗EGFR注1)モノクローナル抗体 注1)EGFR : Epidermal growth factor receptor(上皮細胞増殖因子受容体)

パニツムマブ(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

ベクティビックス点滴静注100mg・400mgのFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q4
ベクティビックス点滴静注100mg・400mgの排泄部位、排泄経路について教えてください。

ベクティビックス点滴静注100mg・400mgの主たる代謝は、ペプチド酸へと分解し、尿中に排泄されると考えられています。

参考)
<排泄部位>
カニクイザルに125I-標識パニツムマブを単回静脈内投与したところ、放射活性の90%以上が投与240時間後までに尿中に回収され、TCA不溶性放射活性は総放射活性の6%未満であったことから、薬物由来の放射活性が主に遊離ヨウ素又は短いペプチド断片として尿中に排泄されることが示されました。

(参考資料)
  • ベクティビックス点滴静注100mg・400mg インタビューフォーム