サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

レベスティブ皮下注用3.8mg くすりの相談FAQGLP-2アナログ製剤

テデュグルチド(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

レベスティブ皮下注用3.8mgのFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q2
バイアル内でレベスティブ皮下注用3.8mgが溶けない場合について教えてください。

レベスティブ皮下注用3.8mg 自己投与ガイドブック1)の「注射の手順」の⑤の工程を2度行ってもバイアル内の薬剤が完全に溶けない場合は、新しいバイアルを使用してください。
レベスティブ皮下注用3.8mg 取扱説明書2)の「3 薬剤の溶解」の⑤にも同様に掲載されています。

<注意>バイアルは振らないでください。

参考)
レベスティブ皮下注用3.8mg 自己投与ガイドブック1)の「注射の手順」の⑤の工程:
バイアルを手のひらに挟み約15秒間そっと転がします。バイアルとシリンジを一度ゆっくりと上下逆さにした後、元に戻してバイアルを作業スペースに約2分間立てておきます。バイアル内の薬剤が完全に溶けていることを確認します。

(参考資料)
  1. レベスティブ皮下注用3.8mg 自己投与ガイドブック
  2. レベスティブ皮下注用3.8mg 取扱説明書