サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

レベスティブ皮下注用3.8mg くすりの相談FAQGLP-2アナログ製剤

テデュグルチド(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

レベスティブ皮下注用3.8mgのFAQ一覧へ戻る

3.安全性

Q4
レベスティブ皮下注用3.8mgの投与部位が痛い場合の対処法を教えてください。

レベスティブ皮下注用3.8mg投与後に投与部位が痛む患者さんへは、以下の内容をご指導ください。
あらかじめ氷などで注射部位を冷やしておくと痛みが少なくなるといわれています。また、一般的に皮下脂肪の多い部位に注射したほうが痛みが少ないと感じる方が多いようです。ご自身で判断せずに主治医へご相談ください1)

(参考資料)
  1. レベスティブ皮下注用3.8mg 自己投与ガイドブック