サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

リュープリン注射用1.88mg・3.75mg・キット1.88mg・キット3.75mg くすりの相談FAQLH-RH(黄体形成ホルモン放出ホルモン)誘導体 マイクロカプセル型徐放性製剤

リュープロレリン酢酸塩

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

リュープリン注射用1.88mg・3.75mg・キット1.88mg・キット3.75mgのFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q9
リュープリン注射用1.88mg、3.75mgとリュープリン注射用キット1.88mg、3.75mgは療養病床(療養病棟入院基本料を算定する病棟)にて、薬剤料を算定できますか?また、地域包括ケア病床(地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟)にて、薬剤料を算定できますか?

診療報酬に関わることのため、各都道府県の地方厚生局にお問い合わせください。
厚生労働省HPに「診療報酬に関する紹介先」PDFが掲載されております。
お問い合わせ先はそちらをご確認ください。
なお、平成28年度の厚生労働省保険局医療課(事務連絡)では、リュープリンは療養病棟入院基本料を算定する病棟において、悪性腫瘍に対する効能を有する薬剤として薬剤料を算定できると記載されています。

「診療報酬に関する紹介先PDF」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000119348.pdf(閲覧日:2019年5月7日)