サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

フィラジル皮下注30mgシリンジ くすりの相談FAQ遺伝性血管性浮腫(HAE)治療用 選択的ブラジキニンB2受容体ブロッカー

イカチバント酢酸塩

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

フィラジル皮下注30mgシリンジのFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q1
フィラジル皮下注30mgシリンジの保存方法について教えてください。

フィラジル皮下注30mgシリンジの貯法・保存条件は「2~25℃で保存すること」としています1)

患者さん、ご家族にフィラジル皮下注30mgシリンジの保存や自己投与をする際の注意事項として、下記内容をお伝えください。

「室温が高温または氷点下になる場合は、冷蔵庫で保管することで該当温度になります。ただし薬液が冷たいままだと痛みを感じる可能性がありますので、注射前にシリンジを手で握るなどして薬液を常温に戻すことをお勧めしますが、発作時、急を要する場合にはただちに注射することを優先してください。注射針と一緒に保管することが可能です。速やかな投与のために、注射針と一緒に保管してください。凍らせたり、直射日光に当てたりしないでください。また、お子様の手の届かないところに保管してください。」

(参考資料)
  1. フィラジル皮下注30mgシリンジ インタビューフォーム