サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

キャブピリン配合錠 くすりの相談FAQアスピリン/ボノプラザンフマル酸塩配合錠

アスピリン/ボノプラザンフマル酸塩

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

キャブピリン配合錠のFAQ一覧へ戻る

3.製剤関連

Q6
キャブピリン配合錠を無包装状態(PTPシートから出した状態)にした場合の安定性について教えてください。

キャブピリン配合錠を無包装状態で25℃、60%RH、暗所(褐色ガラス瓶、開栓)の条件下で保存した場合、6ヵ月後まで、外観、含量、溶出性などについて特に問題となる変化は認められませんでした。ただし、高温高湿度の条件により、類縁物質・乾燥減量の増加及び硬度低下の傾向が認められます1)ので、高温及び高湿度を避けて保管してください。

■25℃、60%RH、暗所(褐色ガラス瓶、開栓)の条件下での安定性1)

測定項目イニシャル1ヵ月2ヵ月3ヵ月6ヵ月
外観
(色調・形状)
白色のフィルム
コーティング錠
変化なし変化なし変化なし変化なし
類縁物質
ボノプラザン由来
総量(%)
0.30.30.30.30.3
類縁物質
アスピリン由来
サリチル酸(%)
0.060.080.100.120.20
溶出性
ボノプラザン
適合適合適合適合適合
溶出性アスピリン適合適合適合適合適合
含量
ボノプラザン(%)
[残存率(%)]
103.0
[100.0]
103.3
[100.3]
100.0
[97.1]
99.8
[96.9]
100.5
[97.6]
含量
アスピリン(%)
[残存率(%)]
100.0
[100.0]
100.2
[100.2]
100.2
[100.2]
100.7
[100.7]
98.9
[98.9]
乾燥減量
(参考値)(%)
0.61.51.61.61.6
硬度(参考値)(N)147138134132129
(参考資料)
  1. キャブピリン配合錠 インタビューフォーム