サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売) くすりの相談FAQ持続性AT1レセプターブロッカー

アジルサルタン錠 アジルサルタン顆粒

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売)のFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q12
【顆粒】アジルバ顆粒1%を分包した後の安定性について教えてください。(付着性)

アジルバ顆粒1%の包装状態の安定性を以下に示します。

ご施設が臨床適用を検討する上での参考情報であり、加工等の可否を示すものではありません。

アジルバ顆粒1%250mgを25℃/75% RH、セロポリフィルムで保存した場合、6ヵ月後まで包材からの顆粒の取り出し率で評価した分包後の付着性にはほとんど影響は認められませんでした。

保存条件:25℃/75% RH、250mg/包(セロポリフィルム)
アジルバ顆粒1%(Lot No. 200502-P1)

測定項目イニシャル0.5ヵ月1ヵ月3ヵ月6ヵ月
包材への付着性ほとんど影響なしほとんど影響なしほとんど影響なしほとんど影響なしほとんど影響なし

(武田薬品・ファーマシューティカルサイエンス)

(参考資料)
  1. アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1% インタビューフォーム