サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売) くすりの相談FAQ持続性AT1レセプターブロッカー

アジルサルタン錠 アジルサルタン顆粒

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売)のFAQ一覧へ戻る

1.特殊背景患者

Q4
腎機能障害のある患者さんへのアジルバ錠の投与について教えてください。

重篤な腎機能障害患者さんにおいては、過度の降圧や急激な降圧は、腎血流量の減少により腎機能を悪化させるおそれがあり、慎重に降圧治療を開始する等の注意が必要です1, 2)
重篤な腎機能障害患者に対しては、成人ではアジルバ錠20mgより低用量からの投与開始を検討してください1)
投与中は腎機能や電解質などに注意し、増量する場合は、患者さんの状態を十分に観察しながら徐々に行ってください1)

9. 特定の背景を有する患者に関する注意3)
9.2 腎機能障害患者

9.2.1 重篤な腎機能障害(eGFR 15mL/min/1.73m2未満)のある患者
低用量から投与を開始し、増量する場合は徐々に行うなど慎重に投与すること。腎機能を悪化させるおそれがある。血中濃度の上昇が認められた。[9.7.3、16.6.1参照]

(参考資料)
  1. アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1% インタビューフォーム
  2. エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018 日本腎臓学会
  3. アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1% 添付文書