サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売) くすりの相談FAQ持続性AT1レセプターブロッカー

アジルサルタン錠 アジルサルタン顆粒

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1%(新発売)のFAQ一覧へ戻る

1.特殊背景患者

Q1
【顆粒】6歳未満の小児へのアジルバ顆粒1%の投与例はありますか?

アジルバ顆粒1%はこれまで低出生体重児、新生児、乳児又は6歳未満の幼児を対象とした臨床試験は実施していません。6歳以上16歳未満の小児高血圧症患者を対象とした国内臨床試験では、体重20kg未満の小児は除外されていましたが、体重20kg未満の小児に対する投与が制限されるものではない点にご留意ください1)

参考)
低出生体重児とは、出生時の体重が2,500g未満の新生児のことを指します1)
また、2017年6月8日付厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知2)において、新生児、乳児、幼児及び小児の年齢区分は以下とされていました1)
・新生児:出生後4週未満
・乳児:生後4週以上、1歳未満
・幼児:1歳以上、7歳未満
・小児:7歳以上、15歳未満

(参考資料)
  1. アジルバ錠10mg・20mg・40mg アジルバ顆粒1% インタビューフォーム
  2. 2017年6月8日付厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知