サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

コパキソン皮下注20mg シリンジ用注入補助器 オートジェクト2 くすりの相談FAQ

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

コパキソン皮下注20mg シリンジ用注入補助器 オートジェクト2のFAQ一覧へ戻る

4.製剤関連

Q2
コパキソン専用の注入補助器「オートジェクト2」の薬価を教えてください。

コパキソン専用の注入補助器「オートジェクト2」は薬価はありません。価格につきましては、お取引の特約店にご確認ください。

(参考)

■ 添付文書では、コパキソン皮下注20mgシリンジの使用に際し、医師による投与方法及び注入補助器(オートジェクト2)の使用方法について説明及び十分な教育訓練の実施が規定されています1)

■ コパキソン皮下注20mgシリンジは在宅自己注射指導管理料(医科の点数)および注入器加算(医科の点数)の対象薬剤です2)
コパキソン専用の注入補助器「オートジェクト2」は調剤薬局での交付は、在宅自己注射指導管理料(医科の点数)、注入器加算(医科の点数)の算定ができないため患者さんへ実費請求となります。

【使用上の注意】
2. 重要な基本的注意
(4) 本剤の自己投与の開始にあたっては、患者に適切な投与方法について指導を行うこと。(「適用上の注意」の項参照)

1) 自己投与の適用については、医師がその妥当性を慎重に検討し、投与方法及び注入補助器の使用方法について説明及び十分な教育訓練を実施した後、本剤の副作用とその対処法について患者が十分に理解し、患者自らが確実に投与できることを確認した上で、医師の管理指導の下で実施すること。

2) 本剤の投与開始にあたっては、医師の管理指導の下で本剤を投与することとし、投与後少なくとも30分間は患者の状態について十分に観察すること。また、自己投与の適用後、本剤による副作用が疑われる場合や自己投与の継続が困難な状況となる可能性がある場合には、直ちに投与を中止させ、医師の管理下で慎重に観察するなど適切な処置を行うこと。
3) 使用済みのプレフィルドシリンジを再使用しないように患者に注意を促し、安全な廃棄方法について指導を徹底すること。
(参考資料)
  1. コパキソン皮下注20mgシリンジ 添付文書
  2. 医科診療報酬(厚労省告示)