サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 くすりの相談FAQペグ化遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子製剤

ルリオクトコグ アルファ ペゴル(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000のFAQ一覧へ戻る

2.用法用量

Q5
アディノベイト静注用キットの在宅自己注射は認められていますか?

アディノベイト静注用キットの添付文書では「重要な基本的注意」として「本剤の在宅自己注射は、医師がその妥当性を慎重に検討し、患者さん又はその家族が適切に使用可能と判断した場合のみに適用すること。」と記載されています1)

8. 重要な基本的注意1)

8.4 本剤の在宅自己注射は、医師がその妥当性を慎重に検討し、患者又はその家族が適切に使用可能と判断した場合のみに適用すること。本剤を処方する際には、使用方法等の患者教育を十分に実施した後、在宅にて適切な治療が行えることを確認した上で、医師の管理指導のもとで実施すること。また、患者又はその家族に対し、本剤の注射により発現する可能性のある副作用等についても十分説明し、在宅自己注射後何らかの異常が認められた場合や注射後の止血効果が不十分な場合には、速やかに医療機関へ連絡するよう指導すること。適用後、在宅自己注射の継続が困難な場合には、医師の管理下で慎重に観察するなど、適切な対応を行うこと。

(参考資料)
  1. アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 添付文書