サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 くすりの相談FAQペグ化遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子製剤

ルリオクトコグ アルファ ペゴル(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000のFAQ一覧へ戻る

2.用法用量

Q4
点滴をしている患者さんの側管からアディノベイト静注用キットを投与してもよいでしょうか?

アディノベイト静注用キットの添付文書では「適用上の注意」として「他の製剤と混合しないこと」と記載されていることから、単剤で投与してください1)
また、弊社では他の製剤との混合や配合変化に関するデータはありません2)

参考)
フラッシュで残る程度の量の輸液等でも混合による臨床的影響は試験していません。

(参考資料)
  1. アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 添付文書
  2. アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 インタビューフォーム