サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アドベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 くすりの相談FAQ遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子製剤

ルリオクトコグ アルファ(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アドベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000のFAQ一覧へ戻る

3.製剤関連

Q1
アドベイト静注用キットとアディノベイト静注用キットの違いについて教えてください。

アドベイト静注用キットの主剤は遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子ルリオクトコグ アルファです1)
アディノベイト静注用キットの主剤はPEG化して、半減期の延長をさせた遺伝子組換え血液凝固第Ⅷ因子ルリオクトコグ アルファ ペゴル**です2)

キットの操作手順は同じです。

どちらも血液凝固第Ⅷ因子の欠乏での出血傾向を抑制する目的に使用されますが1,2)、半減期の長いアディノベイト静注用キットには、定期投与の場合、通常、成人及び12歳以上の小児に対し週2回投与の用法が承認されています2)

* ポリエチレングリコール

** ルリオクトコグ アルファ ペゴルには、2または3か所、それぞれ2本のポリエチレングリコール鎖が結合

(参考資料)
  1. アドベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 添付文書
  2. アディノベイト静注用キット250・500・1000・1500・2000・3000 添付文書