サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アドセトリス点滴静注用50mg くすりの相談FAQ抗悪性腫瘍剤/微小管阻害薬結合抗CD30 モノクローナル抗体

ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アドセトリス点滴静注用50mgのFAQ一覧へ戻る

3.安全性

Q5
アドセトリス点滴静注用50mgの投与を中止したあと、末梢神経障害は改善しますか?

外国第Ⅱ相試験(SG035-0003試験、SG035-0004試験:n=160)では、Grade 3の末梢性ニューロパチー(SMQ)が21例(13%)報告されていました。そのうち、投与終了時では15例でGrade 3の末梢性ニューロパチーが持続していましたが、その後改善が認められ、最終追跡調査時点でGrade 3の末梢性ニューロパチーが持続していた被験者は3例でした。海外第Ⅱ相集団全体でGrade 3の末梢性ニューロパチーが認められた被験者21例中18例(86%)は最終追跡調査時に回復又は軽快が認められていました1)

(参考資料)
  1. アドセトリス点滴静注用50mg 副作用アーカイブ 末梢神経障害