サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

アドセトリス点滴静注用50mg くすりの相談FAQ抗悪性腫瘍剤/微小管阻害薬結合抗CD30 モノクローナル抗体

ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)

このFAQに記載の情報は、製品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまるものではありません。そのため、「FAQ」の利用に関して生じた結果については、責任を負いかねますので、ご了承ください。製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。また、製品に関してご不明な点がございましたら、弊社くすり相談室(0120-566-587)にお問い合わせください。

アドセトリス点滴静注用50mgのFAQ一覧へ戻る

3.安全性

Q1
【単独使用】アドセトリス点滴静注用50mgの嘔吐に対するプレメディケーションについて教えてください。また、催吐性リスクはどの程度ですか?

アドセトリス点滴静注用50mgの添付文書には嘔吐に対するプレメディケーションに関する記載はございません。
臨床試験においては嘔吐に対してプレメディケーションは実施していませんでした1)
日本癌治療学会「制吐薬適正使用ガイドライン」2015年10月【第2版】において、アドセトリス点滴静注用50mg単独では軽度リスクに分類されております2)

催吐性リスク分類2)

高度(催吐性)リスク>90%
中等度(催吐性)リスク30~90%
軽度(催吐性)リスク10~30%
最小度(催吐性)リスク<10%
(参考資料)
  1. アドセトリス点滴静注用50mg 適正使用ガイド
  2. 一般社団法人日本癌治療学会(編):制吐薬適正使用ガイドライン2015年10月【第2版】:19-38