ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 吸収部位、吸収率は?

> ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る

薬物動態に関して

吸収部位、吸収率は?
頬粘膜投与した時の吸収部位は頬粘膜のほか、一部は嚥下されて消化管より吸収されます。3か月齢から18歳未満を対象とする試験(MID001)では年齢が低いほど頬粘膜の寄与は低く、24-91%でした[外国人データ]。健康成人にミダゾラム5mgを頬粘膜投与時の絶対的バイオアベイラビリティは、74.5%でした。小児マラリア重症患者さんにミダゾラム0.3mg/kgを頬粘膜投与(8例)したときのAUCの平均値は、静脈内投与(12例)の87%でした[外国人データ]。

承認審査時評価資料

ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る >