ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 治療上有効な血中濃度は?

> ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る

薬物動態に関して

治療上有効な血中濃度は?
ミダゾラムを頬粘膜に投与した時に痙攣発作を抑制できる血漿中濃度を統計学的に検証したデータはありません。
なお、臨床試験では年齢区分に応じた投与により80%の治療奏効率が認められています。

(参考)
重度の熱帯熱マラリアでけいれん発作を有する小児患者の小児8例にミダゾラムを頬粘膜に投与し最高血漿中濃度を測定した報告があります。
痙攣が抑制された5例と痙攣が抑制されなかった3例の最高血中濃度が測定されています。ただし、違いがあったとの内容ではありません。

Muchohi SN et al;Br J Clin Pharmacol, 2008,66,529–538.

ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る >