ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 成人に投与したときの薬物動態は?

> ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る

薬物動態に関して

成人に投与したときの薬物動態は?
健康成人(8例)にミダゾラム5mgを頬粘膜投与したとき30分後にCmaxに到達し、絶対的バイオアベイラビリティは、74.5%でした[外国人データ]。半減期は143±25.3分でした[外国人データ]。なお、本剤の18歳以上の患者さんに対する有効性及び安全性は確立しておりません。
ミダゾラム頬粘膜投与
(ミダゾラム5mg/mL)
(n=8)
ミダゾラム静脈内投与
(ミダゾラム1mg/mL)
(n=8)
Cmax(ng/mL)a) 55.9[35.6-77.9] 118.8[75.7-155.7]
Tmax(min)a) 30[15-90] <3
AUC(ng・hr/mL)b)、c) 186.5±29.6 250.3±63.0
t1/2(min)b) 143±25.3 181.5±69.0
絶対的バイオアベイラビリティ(%)d) 74.5

Cmax:最高血漿中濃度 Tmax:最高濃度到達時間 t1/2:消失半減期 AUC:濃度ー時間曲線下面積
a)平均値[範囲] b)平均値±標準偏差 c)公表文献の「ng・min/mL」を単位とするデータから換算した値を示した d)平均値

ブコラム口腔用液 総合製品情報概要

ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る >