ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 飲み込んでしまった場合のリスクは?

> ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る

投与に際しての注意事項

飲み込んでしまった場合のリスクは?
本剤は頬粘膜からの吸収により、肝臓での初回通過効果を受けず全身血液循環に入ることを意図した薬剤です。また、本剤はCYP3A4で代謝されますが、CYP3A4は消化管にも発現しています。本剤の頬粘膜投与において薬液の一部が嚥下され消化管で吸収された場合、経口投与のCYP3A4阻害剤との薬物動態学的相互作用が発現する可能性が高いと考えられるため注意が必要です。

ブコラム口腔用液 インタビューフォーム

ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る >