ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 発作発症後、ブコラム投与開始タイミングの目安は?

> ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る

投与に際しての注意事項

発作発症後、ブコラム投与開始タイミングの目安は?
「てんかん重積状態」の治療開始の目安として、日本神経学会の「てんかん診療ガイドライン2018」によると、「けいれん発作が5分以上持続すれば治療を開始すべきで、30分以上持続すると後遺障害の危険性がある」と明記されていることから、一般的な目安は5分と考えられます。
しかし、本剤の投与タイミングについては、個々の患者さんでの発作のタイプや症状に応じて考慮する必要があるため、事前に主治医に確認の上、指示に従ってください。

日本神経学会監修;てんかん診療ガイドライン2018,p76,医学書院, 2018.

ブコラムのよくある質問の一覧へ戻る >