サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

作用部位・作用機序

ダウンロードすることができます。ご利用の環境によっては、PDFのダウンロードに時間がかかる場合があります。

作用機序動画

添付文書(PDF)はこちらをご確認ください。

作用部位・作用機序

造血幹細胞から巨核球形成及び血小板産生に至る一連の分化過程、並びにアグリリン(アナグレリド)の推定作用点を下図に示します。

造血幹細胞の分化過程とアナグレリドの推定作用点

アナグレリドの明確な薬理学的標的は不明です。血小板を産生する巨核球の形成及び成熟を抑制することにより、血小板数を低下させると考えられます。アナグレリドとその活性代謝物3-ヒドロキシアナグレリドはサイクリックAMPホスホジエステラーゼⅢ(PDEⅢ)阻害活性を有しますが、血小板減少作用とは関連しません。
以前、アナグレリドの血小板減少作用はトロンボポエチン(TPO)/c-mpl受容体が介在する経路を介するものと考えられていましたが、最近のデータから、アナグレリドは、重要な転写因子GATA-1及びFOG-1の発現を抑制することが示されています。これらの転写因子は造血前駆細胞から分化及び成熟の後期に至るまでの巨核球形成の全段階で必要とされます。アナグレリドは、早期のTPO/c-mplを介するシグナル伝達イベント(JAK2、STAT3、ERK1/2又はAKT経路の活性化など)を変化させることなく、PDEⅢ阻害に依存しない機序により、GATA-1及びFOG-1の発現をダウンレギュレートしました1)。アナグレリドは、エリスロポエチン刺激性の赤血球生成又は白血球生成を阻害しません。

1)Ahluwalia M, et al.: J Thromb Haemost 8(10): 2252-2261, 2010

講演会情報

開催日時 種類 領域 講演会 対象
2022年
7月6日(水)
19:00~20:10
Web
講演会
希少血液疾患 希少血液疾患 演題1:血友病性関節症の整形外科的アプローチ
演題2:内科医の視点からみた最近の血友病性関節症の診療について
全会員 詳細・申込へ
2022年
7月26日(火)
19:00~19:45
Web
講演会
希少血液疾患 希少血液疾患 PK を活用した血友病診療マネージメント 全会員 詳細・申込へ
2022年
8月10日(水)
19:00~19:40
Web
講演会
希少血液疾患 希少血液疾患 ET患者における第一選択薬としてのanagrelideの有効性と安全性 全会員 詳細・申込へ
ページトップへ戻る