ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 アドベイト静注用キット 安全性薬理及び毒性試験

Last Update:2020.00

アドベイト静注用キット 安全性薬理試験注)及び毒性試験

毒性試験

単回投与毒性(ラット及びウサギ)16)、17)、18)、19)
アドベイト(475、1,900、4,750 IU/kg)及びリコネイト(946、2,365 IU/kg)をラット(雌雄各5匹/群)及びウサギ(雌雄各4匹/群)に単回静脈内投与し、毒性を比較検討したところ、いずれの群でも2週間の観察期間中に死亡例はなく、体重変動、一般状態、剖検、血液学的検査及び血液生化学的検査にもアドベイトまたはリコネイトと関連する毒性変化は発現しませんでした。このことから、アドベイト及びリコネイトを単回静脈内投与した雌雄ラット及びウサギにおいていずれの用量でも毒性の発現がないことを確認し、各々の概略の致死量を最高用量である4,750及び2,365 IU/kg以上と推定しました。
注) 安全性薬理試験はICH-S7A安全性薬理試験ガイドライン(医薬審発第902号、平成13年6月21日)に従いGLP省令に基づき実施していません。
  • 16) 本剤のラット単回静脈内投与毒性試験(承認時評価資料)
  • 17) リコネイト®のラット単回静脈内投与毒性試験(承認時評価資料)
  • 18) 本剤のウサギ単回静脈内投与毒性試験(承認時評価資料)
  • 19) リコネイト®のウサギ単回静脈内投与毒性試験(承認時評価資料)

使用上の注意等は「添付文書」をご参照ください。

有効成分に関する理化学的知見