サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定薬剤師の「今」─在宅医療編─

コラム画像

コラム 第9回 情報イノベーションと知っておくべき法改正

会員のみ

コラム第9回画像

医療において進められている「データヘルス改革」。
従来の医療・健康・介護分野においてはデータベースが分散しており、ICT をはじめとする利活用が進んでいませんでした。データヘルス改革は、この課題を解決し、データを集めて分析できるインフラを整備しています。2021年以降に向けてさまざまな情報イノベーションが予測されています。

在宅医療において、介護・福祉も含め他職種と連携するにあたり情報の取扱い方は重要な知識です。患者さんと自身の双方に不利益が生じないよう、情報に関する重要な改正内容を押さえましょう。


記事を読む

コラム 第8回 現場と制度の変化に伴う薬剤師教育の新局面

会員のみ

コラム第8回画像

「患者のための薬局ビジョン」に基づき、医薬分業の質を評価するための指標(KPI)が設定されています。在宅業務への対応も項目に含まれており、2020年度診療報酬改定ではこれらのKPIに基づいた加算要件が追加されました。


記事を読む

コラム 第7回 地域医療で医師とともに実施する薬物治療

会員のみ

コラム第7回画像

現在、いわゆる「ピンピンコロリ」と言われる状態で最期を迎えられる人は約5パーセント、20人に1人です。平均寿命と健康寿命の差は男性で約9年、女性で約13年ですから、20人から1人を除いた19人は心身機能に何らかの障害がある状態で約10年、日々の生活を送ることに。「異常があること」は、「健康」な日常からかけ離れた特別な時間ではなく、日常生活の中で常に存在している状態となります。


記事を読む

コラム 第6回 2020年度調剤報酬改定トピックス(3) 調剤基本料・地域支援体制加算と在宅医療

会員のみ

コラム第6回画像

令和2年度調剤報酬改定におけるトピックスを3回に分け、在宅医療の視点とともに紹介します。
第3回は、2020年度調剤報酬改定のトピックスを、調剤基本料の見直しから紹介します。


記事を読む

コラム 第5回 2020年度調剤報酬改定トピックス(2) オンライン服薬指導と在宅医療

会員のみ

コラム第5回画像

令和2年度調剤報酬改定におけるトピックスを3回に分け、在宅医療の視点とともに紹介します。
第2回は、オンライン服薬指導と在宅医療に関連して新設された新点数について解説します。


記事を読む

コラム第4回 2020年度調剤報酬改定トピックス(1) 調剤料・対人業務と在宅医療

会員のみ

コラム第4回画像

令和2年度調剤報酬改定におけるトピックスを3回に分け、在宅医療の視点とともに紹介します。
第1回は、対物業務から対人業務への転換を推進する観点のもと改定された調剤料と対人業務への新設評価が主なテーマです。


記事を読む

コラム第3回 ビッグデータ共有時代の薬剤師業務の変化と在宅医療(後編)

会員のみ

コラム第3回画像

ビッグデータにより患者情報が共有化されていく今後。
前編では「薬剤師業務がどう変わるか」紹介しました。
後編にあたる今回は、在宅医療における大きな課題「食支援」の視点を交えて解説します。


記事を読む

コラム第2回 ビッグデータ共有時代の薬剤師業務の変化と在宅医療(前編)

会員のみ

コラム第2回画像

厚生労働省は「次世代型の保健医療システム」構想
を推進しています。
医療や保健といったヒトの健康に関する情報に
パラダイムシフトが起きることに。
2020年に本格始動を目指し、実施されている
さまざまな取組みを紹介します。


記事を読む

コラム第1回 かかりつけ薬剤師“ほんと”は“どうして”必要なの

会員のみ

コラム第1回

今、わが国全体が多難な状況下で呻吟しています。 特に医療・介護・福祉には今後、大きな負荷がかかると予想されています。 このような社会全体のパラダイムが変化するとき、混乱もあれば、過ちも起きやすくなります。 私たち薬剤師は、しっかりと現状を認識し、自らの「原点」を踏まえつつ免許職としての職権・職能・職責を担わなければなりません。


記事を読む



掲載内容について

本コンテンツは、法律・制度や社会背景から在宅医療と薬剤師の今後を解説しています。本コンテンツの内容は診療ガイドライン等で記載されている内容に基づいておりますが、掲載後にその内容を変更することがあります。 本コンテンツの作成は、武田薬品工業株式会社の委託を受けて学校法人医学アカデミーが行っており、本コンテンツに含まれる治療方法等は武田薬品工業株式会社が推奨・保証するものではありません。本コンテンツに関する薬剤については、最新の国内添付文書でご確認ください。また、本コンテンツは、特定の薬剤を広告・宣伝するものではありません。

無断転載等の禁止について

本コンテンツに掲載している情報の無断転載・配布を固く禁じます。また、武田薬品工業株式会社から事前に文書による許諾を得ることなく、本コンテンツに掲載されている情報の再掲載、検索システムへの登録並びに電子的、機械的等、いかなる形式・方法にかかわらず、複写および記録を行うことを一切禁止いたします。

免責事項

武田薬品工業株式会社は、治療方法等本コンテンツに含まれるいかなる情報についてもその完全性、網羅性、信頼性および正確性を保証するものではありません。武田薬品工業株式会社は、本コンテンツの内容を信頼したことその他いかなる原因により生じた損害であっても、一切責任を負いません。本コンテンツに含まれる情報は、医師その他医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありませんので、信頼すべき情報を各自で確認されることをお勧めいたします。