ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

新たな日常にも対応したデータヘルスの集中改革プランを決定
3つのアクションを今後2年間で集中的に実行する 2020.08.16

厚労省は令和2年7月30日、厚生労働大臣出席のもと、第7回 データヘルス改革推進本部を開催し、新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえて、新たな日常にも対応したデータヘルスの集中改革プランを決定した。今後2年間で集中的に実行するデータヘルス関係の事業として、①全国で医療情報を確認できる仕組みの拡大、②電子処方箋の仕組みの構築、③自身の保健医療情報を活用できる仕組みの拡大――を挙げ、工程表を示した。それぞれ、令和4年度中の運用開始を目指す、としている。

ポイント

  • 「新たな日常にも対応したデータヘルスの集中改革プラン」を今後2年間で実行
  • マイナンバーの基盤などを活用し、全国で医療情報を確認できる仕組みに
  • オンライン資格確認等システムを活用し、電子処方箋の仕組みを構築
  • 民間のPHRとも連携し、自身の保健医療情報を活用できる仕組みを拡大

独自の切り口でわかりやすく 最新の医療統計データ&解説