ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

第15回「高齢者医薬品適正使用検討会」を開催
「病院におけるポリファーマシー対策の始め方とすすめ方」で最終報告 2022.06.01

厚生労働省(厚労省)は令和4年4月13日、第15回「高齢者医薬品適正使用検討会」を開催し、同省の令和3年度の高齢者医薬品適正使用推進事業の最終報告として、業務手順書としても活用できる「病院におけるポリファーマシー対策の始め方と進め方」(以下、「始め方と進め方」)を実際に使用している3病院が、その成果や課題などについて報告し、その有効性・有用性が明らかになった。また、改善・検討すべき点もあることから、それらについては、令和4年度は厚労省が同検討会と相談しながら対応をする、という方向性で合意した。

ポイント

  • 始め方と進め方」はポリファーマシー対策のスタートアップツールとして、また、スタート後は業務手順書の整備のために作成
  • モデル事業を通して「始め方と進め方」は有用性・有効性があると評価
  • ポリファーマシー対策についての医師への説明資料の作成などが課題に

独自の切り口でわかりやすく 最新の医療統計データ&解説