ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

介護保険サービスと保険外サービスとの組み合わせについて通知 2018.11.02

厚生労働省老健局は平成30年9月28日、都道府県に対して、「介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取扱いについて」の通知(以下、通知)を発出した。これは、平成29年6月9日に閣議決定された
規制改革実施計画において「介護保険サービスと保険外サービスの組合せに係る新たな通知の発出と周知」の項目が設けられたことなどに対応したもの。介護保険サービスと保険外サービスの柔軟な組合せが適切に行われるようにすることを目的とし、主として訪問介護、通所介護と保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取り扱いについて具体的に示している。

平成11年の基準解釈通知が現在でも基準に

地域包括ケアシステムを構築するには、介護保険サービスだけでなく、高齢者の多様なニーズに対応できるよう保険外サービスも充実させる必要がある。介護保険サービスと保険外サービス(以下、両サービス)を組み合わせて提供することは、一般に「混合介護」と呼ばれ、一定の条件のもとで、認められている。

両サービスを組み合わせて提供するための基準については、すでに、平成11年9月17日に厚生省老人保健福祉局より「指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について」(以下、基準解釈通知)
で示されている。それが現在も基準となっている。…

独自の切り口でわかりやすく 最新の医療統計データ&解説