ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

保健医療分野AI開発加速コンソーシアムが今後の方向性など取りまとめ
1月に実施した「中間整理」では“障壁”となるものを指摘、解消の方向を示す 2019.07.15

厚生労働省(以下、厚労省)の保健医療分野AI開発加速コンソーシアム(以下、コンソーシアム)は2019年6月8日、第8回の会合を開き、「議論の整理と今後の方向性」について取りまとめ、健康・医療分野、介護・福祉分野においてAI(人工知能)の開発・利活用が期待できる領域を俯瞰し、今後の取り組みの方向性などを示した。保健・医療分野でAIを活用することのメリットの一つとして、患者個人に最適な治療法や薬剤の選択が可能となることなどが考えられる、としている。

ポイント

  • AI開発は重点6領域を中心に展開
  • インフォームド・コンセントなどにみられる種々の“障壁”
  • AIに学習させることに伴う現場の負担増が課題
  • 負担軽減に向けた取り組みが必要

独自の切り口でわかりやすく 最新の医療統計データ&解説