ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

治療と仕事の両立支援に取り組む 2019.01.23

労働施策基本方針を閣議決定

政府は平成30年12月28日、「働き方改革」の一環として、労働施策基本方針を閣議決定した。同基本方針が示している労働政策は多岐にわたり、育児・介護・治療と仕事の両立支援、産業医・産業保健機能の強化を打ち出している。医療関係者、特に産業医としての仕事をしている医師においては、労働施策基本方針を十分に理解しておくことが望まれる。

ポイント

  • 労働施策総合推進法の改正に基づき労働施策基本方針を閣議決定
  • 産業医がメンタルヘルスの観点から長時間労働者に面接指導など
  • がん、難病、脳血管疾患、肝炎などの治療と仕事の両立を支援

独自の切り口でわかりやすく 最新の医療統計データ&解説