ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

中医協が平成31年度診療報酬改定の答申
2019年10月の消費税率引き上げに対応 New2019.02.24健康・医療

中央社会保険医療協議会(中医協)は2月13日、2019年10月からの消費税率引き上げに対応した平成31年度診療報酬改定について答申した。前回の消費税率引き上げの時と同様に基本診療料を中心に点数を上乗せし、補てんする形を取っているが、診療所、病院それぞれの医療の実態を踏まえて、精緻な配分を行ったのが特徴である。

ポイント

  • 改定の時期は2019年10月、改定率は+0.41%
  • 初・再診料、入院基本料などを中心に改定
  • 初診料は288点、再診料は74点に

平成26年度にさかのぼって修正しつつ補てん

2019年10月から消費税率が8%から10%に引き上げられることで、医療機関の仕入れにかかる消費税負担も増えることになる。それを補てんするために、消費税率引き上げに合わせて2019年10月から診療報酬の改定が行われる。その引き上げ率については、2018年12月17日の大臣折衝で決まった。診療報酬本体は+0.41%で、薬価については0.51%引下げ、材料価格は0.03%引き上げる。2年ごとの通常の診療報酬改定においては改定率の決定に大臣折衝が極めて重要な役割を果たすが、今回は大臣が出るまでもなく、消費税率の上げ幅、医療機関の仕入れ(消費税がかからない人件費を含む)の構造に基づく課税経費率、薬価調査と材料価格調査によって、大枠としての改定率はほぼ自動的に決まった。

その大枠の中で、平成31年度診療報酬改定の特徴として、次のようなことが挙げられる。

①平成26年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた時は、同26年度診療報酬改定に併せて補てんも実施した。しかし、厚生労働省が行ったその補てん状況の調査によると、同調査の一部に誤りがあることがわかり、また医療機関の種別で補てんの状況にバラツキがあることも判明した。そのような経緯から、厚生労働省は平成26年度診療報酬改定までさかのぼって補てんの是正をすることとした。具体的には、消費税率が5%から10%に引き上げられるという状況を想定し、今回の補てんの対象となる消費税率増加分は5/105と計算し、それぞれの医療機関がほぼ100%の補てんになるように、より精緻に財源を配分した。

②補てんは、個別の診療報酬に着目するのではなく、平成26年度診療報酬改定の時と同様に、初・再診料ほか基本診療料を中心に点数を上乗せすることとした。具体的には、無床診療所では初・再診料の項目(オンライン診療料含む)だけを補てんすることとし、課税経費率(21.0%)、消費税率増加分(5/105)、収入に占める初・再診料のシェア(18.2%)に基づいて上乗せ率を決め、初・再診料の点数を決定した。その点数を有床診療所や病院にも用いている。

③病院については、初・再診料ほか、入院基本料と特定入院料(特定の疾病・状態などに対する入院医療の評価)を中心とした上乗せによって補てんを行った。また、入院基本料と特定入院料については、

  1. (1)急性期一般入院料(旧一般病棟7対1、10対1入院基本料)と救命救急入院料1など
  2. (2)地域一般入院料(旧一般病棟13対1、15対1入院基本料)と回復期リハビリテーション病棟入院料1など
  3. (3)精神病棟10対1・13対1入院基本料と精神科救急入院料1など
  4. (4)精神病棟1520対1入院基本料と精神療養病棟入院料など

というように4つに類型化したうえで、それぞれの分類においては上乗せ率(平成26年度基準)が同一になるようにした。

④入院基本料と特定入院料以外の特掲診療料では、医学管理料等において、小児科外来診療料、地域包括診療料、認知症地域包括診療料、小児かかりつけ診療料などに上乗せ。また在宅医療では、在宅患者訪問診療料に対して上乗せをしている。

主な診療報酬の点数

平成31年度診療報酬改定(10月改定)での主な診療報酬の点数は下表のとおりである。

平成30年度改定を基準とすると、初診料は2.1%、急性期一般入院基本料は3.8%前後、地域一般入院料は2.9%前後の引き上げとなっている。また、在宅患者訪問診療料(同一建物居住者以外の場合)は6%以上の比較的高い引き上げがなされている。

なお、通常の診療報酬改定は4月に改定を実施するので、中医協が2月上旬に答申してから約1カ月後の3月上旬に報酬点数や薬価などの告示が行われている。しかし、平成31年度診療報酬改定は10月であることから、告示は3月ではなく、もっと遅くなる見込みである。また、現行の薬価が9月まで適用されるので、新しい薬価をあまり早く告示すると“二重価格”のようになり、価格交渉などが混乱するおそれもあることから、診療報酬本体の告示から遅らせて薬価と材料価格の告示を行う可能性もある。

2019年度診療報酬改定(10月改定)主な診療報酬

診療報酬 (抜粋) 改定後
10月から
改定前
9月末まで
初・再診料
初診料 288点 282点
再診料 73点 72点
外来診療料 74点 73点
オンライン診療料(月1回) 71点 70点
入院基本料
一般病棟入院基本料(1日につき)
1 急性期一般入院基本料
イ 急性期一般入院料1 1,650点 1,591点
ロ 急性期一般入院料2 1,619点 1,561点
ハ 急性期一般入院料3 1,545点 1,491点
ニ 急性期一般入院料4 1,440点 1,387点
ホ 急性期一般入院料5 1,429点 1,377点
ヘ 急性期一般入院料6 1,408点 1,357点
ト 急性期一般入院料7 1,382点 1,332点
2 地域一般入院基本料2
イ 地域一般入院料1 1,159点 1,126点
ロ 地域一般入院料2 1,153点 1,121点
ハ 地域一般入院料3 988点 960点
療養病棟入院基本料(1日につき)
1 療養病棟入院料1
イ 入院料A 1,813点 1,810点
(生活療養を受ける場合、1,798点) (1,795点)
ロ 入院料B 1,758点 1,755点
(生活療養を受ける場合、1,744点) (1,741点)
ハ 入院料C 1,471点 1,468点
(生活療養を受ける場合、1,457点) (1,454点)
ニ 入院料D 1,414点 1,412点
(生活療養を受ける場合、1,399点) (1,397点)
ホ 入院料E 1,386点 1,384点
(生活療養を受ける場合、1,372点) (1,370点)
ヘ 入院料F 1,232点 1,230点
(生活療養を受ける場合、1,217点) (1,215点)
ト 入院料G 968点 967点
(生活療養を受ける場合、953点) (952点)
チ 入院料H 920点 919点
(生活療養を受ける場合、905点) (904点)
リ 入院料I 815点 814点
(生活療養を受ける場合、801点) (800点)
2 療養病棟入院料2 (略)
精神病棟入院基本料(1日につき)
1 10対1入院基本料 1,287点 1,271点
2 13対1入院基本料 958点 946点
3 15対1入院基本料 830点 824点
4 18対1入院基本料 740点 735点
5 20対1入院基本料 685点 680点
特定機能病院入院基本料(1日につき)
1 一般病棟の場合
イ 7対1入院基本料 1,718点 1,599点
ロ 10対1入院基本料 1,438点 1,339点
(以下略)
特定入院料
救命救急入院料(1日につき)
1 救命救急入院料1
イ 3日以内の期間 10,223点 9,869点
ロ 4日以上7日以内の期間 9,250点 8,929点
ハ 8日以上14日以内の期間 7,897点 7,623点
2 救命救急入院料2
イ 3日以内の期間 11,802点 11,393点
ロ 4日以上7日以内の期間 10,686点 10,316点
ハ 8日以上14日以内の期間 9,371点 9,046点
(以下略)
回復期リハビリテーション病棟入院料(1日につき)
1 回復期リハビリテーション病棟入院料1 2,129点 2,085点
(生活療養を受ける場合、2,115点) (2,071点)
2 回復期リハビリテーション病棟入院料2 2,066点 2,025点
(生活療養を受ける場合、2,051点) (2,011点)
3 回復期リハビリテーション病棟入院料3 1,899点 1,861点
(生活療養を受ける場合、1,884点) (1,846点)
4 回復期リハビリテーション病棟入院料4 1,841点 1,806点
(生活療養を受ける場合、1,827点) (1,791点)
5 回復期リハビリテーション病棟入院料5 1,736点 1,702点
(生活療養を受ける場合、1,721点) (1,687点)
6 回復期リハビリテーション病棟入院料6 1,678点 1,647点
(生活療養を受ける場合、1,664点) (1,632点)
短期滞在手術等基本料
1 短期滞在手術等基本料1 2,947点 2,856点
2 短期滞在手術等基本料2 5,075点 4,918点
(生活療養を受ける場合、5,046点) (4,890点)
3 短期滞在手術等基本料3 (4泊5日までの場合、略)
医学管理等
小児科外来診療料(1日につき)
1 処方箋を交付する場合
イ 初診時 599点 572点
ロ 再診時 406点 383点
2 1以外の場合
イ 初診時 716点 682点
ロ 再診時 524点 493点
地域包括診療料(月1回)
1 地域包括診療料1 1,660点 1,560点
2 地域包括診療料2 1,600点 1,503点
在宅患者診療・指導料
在宅患者訪問診療料(Ⅰ) (1日につき)
1 在宅患者訪問診療料1
イ 同一建物居住者以外の場合 888点 833点
ロ 同一建物居住者の場合 213点 203点
2 在宅患者訪問診療料2
イ 同一建物居住者以外の場合 884点 830点
ロ 同一建物居住者の場合 187点 178点
在宅患者訪問診療料(Ⅱ)(1日につき) 150点 144点
  1. 注:診療報酬によっては加算も引き上げられているものがある