ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 ER症例集III

症例86

酔っぱらいの嘔吐、ふらつき(81歳・男性)

【診断1】この時点で行う対応は?

戻る
糖尿病、前立腺肥大
内服・通院はしていない
日常生活:独居
JCSⅠ-1、瞳孔・対光反射(R/L)3+/3+、RR 18 /分、SpO2 95 %、PR 90 /分、BP 158/92 mmHg、BT 36.4 ℃
診察時はめまいの訴えなし、嘔吐してから嘔気についても軽快。
眼振なし、眼球運動障害なし
顔面筋の運動に左右差なし
構音障害なし
失調症状明らかでない
項部硬直なし、jolt accentuation陰性
頭痛なし、腹部症状なし
四肢に粗大な麻痺なし
座位保持可であり、体幹失調明らかでない